初心者必見!スケボーの練習の仕方を徹底解説!おすすめの練習場所や練習グッズも調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、アラサースケーターのチャンです。

 

 

スケボーを買ったけど、練習方法がわからない…。

初心者だけど、地元の上手いスケーターに教わるのは怖い…。

 

スケボーを始めた時って、こんな悩みないですか?

僕もスケボーを始めたばかりの時は、同じようなことを思っていました。

 

 

ということで、今回はスケボーの練習の仕方について、記事を書きました。

 

スケボー初心者でも、この記事さえ読めばすぐに上達できるよう練習の仕方練習場所などをまとめました。

ぜひ最後までチェックしてみてください!

 

スポンサーリンク

 

スケボー初心者に捧ぐ!上達する練習の仕方3ステップ

初心者の方でも、すぐにうまくなれるような練習の仕方についてお伝えします。

始めたばかりで何をしていいのかわからない…という方は、下の順番で練習してみてください!

 

  1. スケボーで滑れるようになる
  2. 簡単な技(トリック)をマスターする
  3. オーリーにチャレンジする

 

では、一つずつ練習方法について解説していきますね。

まずはスケボーに乗って滑ってみよう!

スケボーの基本中の基本「プッシュ」という動作について解説していきます。

 

プッシュとは、スケボーに片足だけ乗せたまま、地面を蹴って進むアレです。

 

おすすめの練習動画があるので、まずはこれで基本的な動きをチェックしてください。

 

初心者の方がよくつまずく壁が、次の2点。

 

  1. 力いっぱい地面を蹴れない。
  2. 両足をスケボーに乗せられない。

 

 

そのため、練習する時は、次のポイントを意識してください。

 

  1. 前足は、常にビスの上に乗せておく。安定して地面を蹴れるようになります。
  2. 静止状態のボードの上で、前足で片足立ちできるようになる。両足でボードに乗るのが怖くなくなります。

 

プッシュをマスターできると、近くのコンビニや自販機とかに、スケボーで行けるようになって日常が楽しくなります。

 

スケボーを買ったら、まずはプッシュをマスターしましょう!

 

簡単な技(トリック)をやってみよう!

スケボーには、プッシュの他にもトリックと呼ばれる技がたくさんあります。

 

トリックには、ボードを浮かせて複雑に回転をかける高度なモノから、初心者でもすぐにできる簡単なモノまでいろんな種類があります。

 

初心者でも1日あればできるおすすめトリック3選を紹介した記事を前に書きました。

練習方法も挙げているので、プッシュができたらぜひ練習してみてください。

 

【スケボー】初心者でもできる簡単な技3選!たった1日でマスターできる練習方法を伝授!

 

憧れのオーリーに挑戦してみよう!

スケボーと言えばコレ!というくらい代表的なトリック、オーリー

オーリーに憧れて、スケボーを始めた人も少なくないと思います。

 

 

こんなやつです。

 

オーリーは、日常では味わうことができない浮遊感を感じることができて病みつきになります。

僕も今年で33歳のおっさんですが、このオーリーの楽しさのおかげで、まだまだスケボーを辞めれそうにありません。笑

 

また、街中をプッシュで移動してると小さな段差があります。

そんなのもオーリーができれば回避できるので、スケボーでの移動範囲も広がります。

 

オーリーができると、一気にスケボーのレベルがアップします。

スケボーに慣れてきたら、ぜひオーリーにチャレンジしてください!

 

オーリーのやり方については、別記事で詳しく解説しているので、ぜひチェックしてオーリーをマスターしてみてください!

 

【スケボー初心者必見】オーリーの練習法とコツを解説!最大のポイントは片足ジャンプ!

 

これで脱・初心者!おすすめの練習場所と練習グッズ

いざスケボーを手にしても、どこで練習していいのかわからなかったり、上手く練習できるか不安だったりすることありませんか?

 

そこで後半は、

 

  • 初心者におすすめの練習場所
  • おすすめの練習グッズ

 

の2つについてお伝えしていきますね。

 

スポンサーリンク

人目を気にせずスケボー!初心者におすすめの練習場所

みなさんは、お気に入りのスケボー練習場所がありますか?

 

スケボーを買っていざ練習しようとなっても、どこで練習すればいいのかわからない…という人は意外と多いと思います。

 

 

よくスケートパークなどを練習場所として紹介しているブログなどを見かけますが、上手い人が多く、初心者がいきなり飛び込むのは、かなり勇気がいります。

 

また、僕みたいに地方に住んでると、近くにスケートパークが無い…という場合もあります。

 

まずは自分のペースでゆっくりスケボーを練習したいという人には、下の3つの場所がスケボーにはおすすめですよ。

 

  1. 運動公園、球場やスタジアムの駐車場
  2. 漁港や港湾エリアの空きスペース
  3. 道の駅などの大型駐車場

 

場所を探すポイントとしては、下の3つです。

 

  • なるべく公共のスペースを探す。
  • 他に運動してる人がいるスペースがおすすめ。
  • なるべく人がいない、もしくは広めの場所を選ぶ。

 

僕も家の近くの運動公園や、職場からの帰り道にある球場でスケボーすることが多いです。

 

もし、練習場所に悩んでいるようでしたら、上のポイントを参考に、練習場所を探してみてはいかがでしょうか。

 

これで倍速上達!初心者におすすめの練習グッズ

最後に、これだけは押さえておいた方がいいおすすめの練習グッズをお伝えしようと思います。

 

スケボーの練習グッズって、いろいろあるんですが、僕が10年間スケボーをやってきて本当に初心者の方におすすめなのは、下の3つです。

 

  1. オーリートレーナー
  2. ソフトウィール
  3. プロテクター(すね当て)

 

個別に使い方を解説していきますね。

 

1.オーリートレーナー

スケボーの代表的トリックであるオーリーの習得をサポートしてくれる救世主的な練習グッズです!

 

オーリーはやってみるとわかりますが、かなり不安定なボードの上で全力でジャンプしないといけないので、恐怖心が芽生えます。

 

僕もオーリーを練習していた頃は、何回も転んでお尻や腰を強打したので、オーリーを練習するのが怖くなってました

 

よく他のブログでは、恐怖心は気合で克服しよう!と書いてあったりしますが、その悩みを一発で解決してくれるのが、このオーリートレーナーです。

 

画像をクリックするとわかりますが、ウィール(車輪)を固定するので、子供でも安全にオーリーの練習ができるのがわかります。

 

価格もお手頃ですし、オーリー以外のトリックにも役立つので、一つは持っておいた方がいいツールです。

 

 

 

2.ソフトウィール

よくスケボーで滑る時の、ガーガー滑るあの音がうるさい!という意見を目にすることがあります。

 

実は、僕もスケボーしてて、周りの人に「うるさい!」と怒られたことがあります。

 

そんな問題を解決してくれるのが、ソフトウィール

 

普通のウィール(車輪)より柔らかく、滑った時の音が静かなのが特徴。

まるで、プリウスのような感じです。

 

ソフトウィールは柔らかすぎるとトリックがやりにくかったりするので、適度な硬さのものを選ばないと失敗します。

 

そんな中で、僕が実際に使ってるのがコレ!

おすすめする理由として、値段がかなりお手頃!
(※画像タップで価格を確認できます。)

 

硬さも柔らか過ぎないので、ソフトウィールの中でもトリックしやすいです。

 

周りに迷惑をかけずに、たっぷり練習したい初心者スケーターにはかなりおすすめです!

 

 

3.プロテクター(すね当て)

最後は少し番外編みたいになってしまいますが、サッカー用のすね当てをおすすめします。

 

スケボー用のプロテクターも売っていますが、手首や膝、肘をガードするものがほとんどです。

 

実際にスケボーをやってみると、一番よく怪我をするのはすねなんです。

 

僕は今でもデッキが跳ね返って、足のすねに「ビシっ」て当たることがよくあるんですが、地味に痛く心が折れます…。笑

 

ひどい時は、ぱっくり割れて血が出ることもあるので、すねのガードは重要です!

 

そんな時におすすめなのが、サッカー用のすね当てです。

そのまま、すねに履ける仕様で、サッカー選手みたいにハイソックスを履く必要もないです。

価格も安いので、ゲがをしたくない方は、画像をタップしてチェックしてみてください!

 

まとめ

今回は、スケボー初心者に捧ぐ練習の仕方ということで、スケボーの練習方法や練習場所について記事を書きました。

 

改めて、練習方法についてまとめると…

 

  • スケボーで滑る(プッシュ)は、前足の重心の置き方が重要。
  • 初心者でもすぐにできる技(トリック)がある。
  • スケボーに慣れてきたら、積極的にオーリーにも挑戦すべし!

 

また、練習場所については、

 

  • 運動公園やスタジアム
  • 漁港や港湾エリア
  • 道の駅の大型駐車場

といった、公共のエリアなど場所を選ぶと、人目を気にせず心置きなく練習できますよ。

 

スケボーを買ったはいいけど、練習の仕方や練習場所がわからず、やらず仕舞いだった方は、これを機にスケボーの練習を始めてみてはいかがでしょう?

 

ではでは、今日はこのへんで!

アディオス!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。