初心者必見!スケボーの練習の仕方を徹底解説!おすすめの練習場所や練習グッズも調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、人見知りスケーターのコウです。

 

スケボーを買ったけど、練習の仕方練習場所がわからない…。

最初は上手い人に教えてもらった方がいいと聞くけど、地元のスケーターに話かけるのはちょっと怖い…。

 

スケボーを始めた時って、こんな悩みないですか?

僕もスケボーを始めたばかりの時は、同じようなことを思っていました。

 

コウ
コウ
特に僕は人見知りなので、上手い人に話かけるのが苦手だったし、そういう人はすでにグループを形成していることが多くて、そこに入っていく勇気は全くなかったです…。

せっかくスケボーを手に入れたのに、練習できないと凹みますよね。

 

ということで、今回はスケボーの練習の仕方についてまとめつつ、

  • おすすめの練習場所
  • 上達をサポートしてくれる練習グッズ

についても記事を書いてみました。

 

気になる方は、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね!

 

 

スケボー初心者に捧ぐ!上達する練習の仕方3ステップ

初心者の方でもすぐにうまくなれる魔法の方法 …というのは、スケボーにはないと思います。

 

結局、続けることが上達への一番の近道なんですが、スケボーは難しいので、なかなか続けるのがキツかったりします。

 

コウ
コウ
僕は過去に2回、完全に心が折れて、スケボーから離れた時期があります。

 

そんな経験上、こうすると続けられるかなぁという練習方法はあるので、今回はそれを紹介しますね。

 

始めたばかりで何をしていいのかわからない…という方は、下の順番で練習してみてください。

 

  1. スケボーに乗って滑れるようになる
  2. 簡単な技にトライする
  3. 憧れのオーリーにチャレンジする

 

では、一つずつ練習方法について解説していきますね。

 

STEP1:スケボーに乗って滑れるようになる

スケボーに乗って滑れらいと何も始まらないので、基本的なことですが、まずはしっかり滑れるようになりましょう。

 

スケボーに乗って滑るには、プッシュという技を練習するのが一番です。

 

おすすめの練習動画があるので、まずはこれで基本的な動きをチェックしてください。

プッシュの練習でよくつまづくポイントが、次の2点かなと。

(僕がそうでした。)

 

  1. 後ろ足で、力いっぱい地面を蹴れない。
  2. 後ろ足をスケボーに乗せられない。

 

この解決方法は、下の記事で細かく解説してるので、なかなかうまく滑れるようにならない…という方は、一度読んでみてください。

 

 

プッシュは基本的な技ですが、スケボーで滑れるだけでもかなり楽しくなりますので、しっかりマスターしておくことをオススメします!

 

STEP2:簡単な技にトライする

スケボーには、プッシュの他にも技がたくさんあります。

 

ボードを浮かせて複雑に回転をかける高度なモノから、初心者でもすぐにできる簡単なモノまで、スケボーの技にはいろんな種類があります。

 

ここで僕がおすすめなのは、まず簡単な技に3コくらいトライするということです。

 

よく動画などで、ジャンプしたり、回転させたりするカッコイイ技を見て、自分もコレやりたい!と憧れる気持ちがあると思います。

 

ただ、こういう派手は技はマスターするのに時間がかかるので、その間に挫折する人が多いんです…。

(僕もその一人でした…。)

 

練習してもなかなか目に見える進歩がないと、人間なかなか何事も続けれなかったりします。

なので、最初からいきなり難しい技に挑戦するのでなく、比較的やりやすい簡単な技にトライするといいですよ。

 

このブログの別記事で、スケボーを始めたばかりでもやりやすい技ということで紹介してるので、ぜひそちらを読んでみたください。

 

 

STEP3:憧れのオーリーにチャレンジする

スケボーの代表的なトリックといえばオーリー

オーリーに憧れて、スケボーを始めた人も少なくないと思います。

 

ちなみに、下手ですが僕も一応、オーリーはできます。

 

オーリーは、スケボーと一緒にジャンプする技ですが、この技ができると一気にスケボーのレベルがアップします。

 

みんなに、おれスケボーやってるよ!って胸張って言えるようになるので、ぜひチャレンジでしてみてください。笑

 

オーリーのやり方については、別記事で詳しく解説しているので、こちらもチェックしてみてくださいね。

 

 

 

これで脱初心者!おすすめの練習場所と練習グッズ

いざスケボーを手にして練習しようと思った時、どこで練習していいのかわからなかったり上手く練習できるか不安だったりすることってありませんか?

 

そこで後半は、おすすめの練習場所や練習グッズについて紹介していきますね。

 

人目を気にせず練習できる!初心者におすすめの練習場所

スケボーを始めたばかりの時っていざ練習しようと思うと、人目が気になってなかなか練習できない人も多いと思います。

(僕はそうでした…。)

 

よくスケートパークなどを練習場所として紹介しているブログなどを見かけます。

でも、上手い人が多いので、スケボーを始めたばかりの時ってパークで一人で練習するのって勇気いりますよね。

 

コウ
コウ
特に僕は人見知りな性格なので、他に人がいた瞬間、テンパってしまって帰りたくなります…。

 

僕は自分のペースでゆっくり練習してたいので、あまりパークには行かずに、車で20分ほどのところにある球場の駐車場で練習することが多いですね。

 

球場ですとジョキングしてたり、キャッチボールしてる人もいるので、スケボーの練習をしててもあまり浮きません。

また、周りに家が少ないので、人目や音を気にすることなく練習できます。

 

僕の経験上、練習場所を探すポイントとして下の3つに気をつけるといいと思いますよ。

  • なるべく公共のスペースを探す
  • 他に運動してる人がいるとスケボーしてても浮かない
  • 周りに家がなく、音が出ても迷惑にならない

 

具体的には…

  1. 運動公園、球場やスタジアム
  2. 漁港や河川敷
  3. 道の駅などの駐車場

とかがおすすめです。

 

もし、練習場所に悩んでる方がいましたら、参考にしてみてくださいね。

 

少しでも早く上達したい人に!初心者におすすめの練習グッズ

最後におすすめの練習グッズをお伝えしようと思います。

 

練習グッズは、使えばすぐに上達する魔法のアイテム…という訳ではありませんが、使わないよりは使った方が上達が早くなるかなと。

 

練習グッズもいろいろありますが、僕がおすすめなのは…

  • スケータートレーナー
  • ソフトウィール
  • プロテクター(すね当て)

の3つです。

 

個別に使い方を解説していきますね。

 

1.スケータートレーナー

スケボーの代表的トリックであるオーリーの習得をサポートしてくれる救世主的な練習グッズです。

下の画像をタップすると、使い方などの動画が見れます。

 

オーリーはやってみるとわかりますが、かなり不安定なボードの上で全力でジャンプしないといけないので、スケボーを始めたばかりの時は、どうしても恐怖心が芽生えます。

 

僕もオーリーを練習していた頃は、何回も転んでお尻や腰を強打したので、練習するのが怖くなってました

 

よく、恐怖心は気合で克服!という体育会系なアドバイスを聞きます。

 

確かにそれも一理あるんですが、僕みたいなひ弱スケーターはなかなかそうもいかないので、その悩みを一発で解決してくれるのが、このスケータートレーナーです。

 

このアイテムのいいところは、ウィール(車輪)を固定してくれるので、失敗してバランスを崩してもスケボーがすっ飛んでいきません。

安心してフォームの練習ができますよ。

 

価格もお手頃なので、オーリーの練習をする時には、1つ持っておいたほうがいいアイテムかなと。

 

2.ソフトウィール

スケボーを練習する時、パークなどの路面がきれいな場所で練習できればいいのですが、いつも路面がきれいな場所で練習できるとは限りません。

 

特にスケボーを始めたばかりの時は、スケボーに乗って滑る練習から始めると思います。

路面がガタガタだと、すぐに詰まってしまって前に進まないので、なかなか上達しません。

 

そんな時にオススメしたいのが、ソフトウィールです。

普通のウィール(車輪)より柔らかいので、多少路面が悪くてもスムーズに進むことができます。

 

僕もスケボー始めたばかりの時はソフトウィールを使ってましたし、今でも滑りを楽しむ場合はソフトウィールを装着したスケボーに乗ってます。

 

ソフトウィールは、いろんなメーカーから出てますが、実際に僕が使ってるものは品質もいいし、価格も安いのでオススメですよ。

画像をタップすると、価格を確認できます。

 

3.プロテクター(すね当て)

スケボーを始めてある程度、滑れるようになったら、簡単な技を練習すると思います。

 

技を練習し始めると、一番ケガをするのがスネです。

 

着地などに失敗すると、スケボーが勢いよく跳ね返って来て、足のスネに当たります…。

 

僕は今でも技が失敗すると、デッキがスネを強打することがありますが、想像を絶する痛さです。

ひどい時はぱっくり割れて血が出ることもあるので、スネのガードが重要です。

 

スケボー用のプロテクターも売ってますが、手首や膝、肘をガードするものがほとんどです。

 

そこでオススメなのが、サッカー用のすね当てです。

 

下の画像のタイプは、スリーブが付属しているタイプなので、サッカー選手のようにハイソックスを履く必要もないのでスケーターにも使いやすいかと。

 

価格も安いので、ケガが心配な方や、一度スネを強打して恐怖心が出てしまった時は、ぜひ取り入れてみるといいかと。

 

まとめ

今回は、スケボーを始めたばかりの人におすすめの練習方法練習場所について記事を書いてみました。

 

スケボーが上手くなるには、根気よく続けるのが一番の近道ですが、

  1. スケボーに乗って滑れるようになる
  2. 簡単な技にトライする
  3. 憧れのオーリーにチャレンジする

という順番で練習すると、テンポよく上達できて、続けやすいですよ。

 

また、練習場所については、

  • なるべく公共のスペースを探す
  • 他に運動してる人がいるとスケボーしてても浮かない
  • 周りに家がなく、音が出ても迷惑にならない

という3つのポイントを意識して場所を探すと、いい練習場所が見つかりやすいかなと。

 

スケボーを始めたばかりだと、周りでスケボーしてる人も少ないので、練習方法や練習場所がわからず、挫折してしまうことも多いので、今回の記事が参考になれば嬉しいです!

 

 

ではでは。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。