【乗り方】スケボーの曲がり方を解説!練習方法やおすすめアイテムも紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スケボーを始めた時って、乗ったり前に進んだりはなんとかできるけど、曲がるのって意外と難しいですよね。

 

曲がる方向に力を入れても、すぐにボードから降りてしまう…という人も多いと思います。

 

ハウツーなどを見ると技のやり方がメインなので、曲がり方についてはそこまで詳しく書いていないことも多いですよね…。

 

ということで、今回はスケボーの乗り方で特に曲がり方について、詳しく記事を書いてみました。

 

また、効果的な練習方法おすすめの練習アイテムも紹介しますので、ターンが上手くできずに悩んでる方は、ぜひ最後までチェックしてみてください。

 

初心者向けの記事だと、こちらもおすすめ!

 

 

スポンサーリンク

 

簡単3ステップ!スケボーの曲がり方を解説!

スケボーの曲がり方ですが、次の3ステップの手順を踏めばできるようになります。

まず背中側に曲がる手順ですが、下のような感じになります。

  1. 目線を曲がる方向に送る
  2. 体を曲がる方向に開く
  3. 前足のかかとでデッキを踏む

 

スケボーで曲がる時は、頭→体→足という感じで、上から順番に曲がる動作をしていくとスムーズに曲がれます。

 

よくハウツーなどで、背中側に曲がるにはかかとに重心を乗せると書いてありますが、いきなりかかとでデッキを踏むとバランスを崩してしまいます。

 

曲がろうとするとバランスを崩して降りてしまう人は、1.と2.を飛ばしていきなり3.の動作をやっている可能性があるので、上から順番に曲がる動作をしていくということを意識してみるといいですよ。

 

 

次にお腹側に曲がる場合ですが、手順は次のようになります。

  1. 目線を曲がる方向に送る
  2. 体を曲がる方向に開く
  3. 前足のつま先でデッキを踏む

 

基本的には、背中側に曲がる場合と逆の動作になります。

 

ただし、お腹側に曲がる場合は、前が見えにくくなるので、背中側に曲がる場合に比べて難易度は上がります。

 

前が見えない恐怖心があって、なかなかお腹側に曲がれないという人は、目線を曲がる方向へ送る前に、しっかり前方を確認した上で、動作を始めると恐怖心が和らぎますよ。

 

スポンサーリンク

 

曲がり方の練習方法やおすすめアイテムを紹介!

曲がり方の練習方法ですが、最初は恐怖心があるので、やはり止まった状態で練習するのが効果的です。

 

実際にやってみるとこんな感じです。

 

背中側に曲がる場合

1.目線を送る

2.体を開く

3.前足のかかとでデッキを踏む

 

お腹側に曲がる場合

1.目線を送る

2.体を入れる

3.前足のつま先でデッキを踏む

 

 

また止まって練習する場合、スケータートレーナーというアイテムがおすすめです。

 

このスケータートレーナーは、タイヤ(ウィール)を固定するアイテムになります。

 

ウィールを固定することで、しっかりスケボーを止めておくことができるので、ボードが勝手に動いたり、まくられて転ぶことがなく、スケボーに乗った状態でも、落ち着いて動作の確認ができますよ。

 

画像のショップが最安値でしたので、気になる方は価格をチェックしてみてください!

 

まとめ

今回は、スケボーの曲がり方について記事を書きました。

 

改めて内容をまとめると、

  • スケボーの曲がり方を3ステップで解説しました。
  • 曲がる練習は、止まってやると効果的。
  • スケータートレーナーというアイテムを使うと効率的に練習できる。

 

スケボーで自由に曲がれるようになれば、大抵の場所は滑れるようになって自由度が増します。

 

なかなか曲がれるようにならずに悩んでる方は、今日の記事が何かのお役に立ててば嬉しいです!

 

ではでは。

 

 

初心者向けの記事だと、こちらもおすすめ!

 

 

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。