【一目でわかる】スケボー技の一覧表!難易度や練習する順番なども徹底解説

スケボーの多彩な技に憧れて、スケーターデビューする人は多いと思います。

実は、僕もその一人です。

しかし、スケボーを始めたばかりの頃って、どんな技があるかよく分かりませんよね。

また、どんな順番で技を練習していくのがいいのか気になりますよね。

ということで、今回はスケボーの技の一覧でまとめつつ、

  • 技の難易度
  • 技のおすすめ練習順番

などを記事にしました。

ぜひ、最後までチェックしてみてください!

技の具体的なやり方を知りたい方は、こちらの記事がおすすめ!

スポンサーリンク

一目でわかる!スケボーの技一覧表(難易度付き)

スケボーの技の一覧表ということで、次の5つのジャンルで紹介したいと思います。

  • 基本動作系
  • オーリー系
  • ショービット系
  • フリップ系
  • バリアル系(複合技)

すべての技はここから!基本動作系

技名 説明 難易度
プッシュ スケボーに乗って地面を蹴ることで、前に進む技
ターン つま先やかかとに重心をかけることで、左右に曲がる技
チクタク プッシュせずに、体のひねりだけで進む技
マニュアル 前輪を浮かして、後輪だけでバランスよく進む技 ☆☆
ノーズマニュアル 後輪を浮かして、前輪だけでバランスよく進む技 ☆☆☆
F/Sパワースライド 板を進行方向に90°スライドさせ、ブレーキをかける技 ☆☆
B/Sパワースライド 板を進行方向と逆に90°させ、ブレーキをかける技 ☆☆
フェイキー いつものスタンスで、逆方向に進む技
スイッチ いつもとスタンスを逆にして進む技

板に乗ったまま空中に浮く!オーリー系

技名 説明 難易度
オーリー 板に乗ったまま、前足からジャンプする技 ☆☆☆
フェイキーオーリー フェイキーで、オーリーする技 ☆☆☆
ノーリー 板に乗ったまま、後足からジャンプする技 ☆☆☆☆
スイッチオーリー スイッチスタンスで、オーリーする技 ☆☆☆☆

オーリーしなくてもできる!ショービット系

技名 説明 難易度
ショービット 板だけをつま先側へ180°回す技 ☆☆
フェイキーショービット フェイキーで、板だけつま先側へ180°回す技 ☆☆
F/Sショービット 板だけをかかと側へ180°回す技 ☆☆☆
360ショービット 板だけをつま先側へ360°回す技 ☆×5
フェイキー360ショービット フェイキーで、板だけつま先側へ360°回す技 ☆☆☆
ポップショービット 板を空中に高く浮かせて、つま先側へ180°回す技 ☆☆☆
F/Sポップショービット 板を空中に高く浮かせて、かかと側へ180°回す技 ☆☆☆☆
B/Sビッグスピン  板をつま先側へ360°回しながら、自分も180°回る技 ☆×5
フェイキーB/Sビッグスピン フェイキーで、 板をつま先側へ360°回しながら、自分も180°回る技 ☆☆☆☆
F/Sビッグスピン  板をかかと側へ360°回しながら、自分も180°回る技 ☆×6
フェイキーF/Sビッグスピン  フェイキーで、 板をかかと側へ360°回しながら、自分も180°回る技  ☆×6

板と一緒に空中で回転!スピン系

F/S180 板に乗ったまま、空中で進行方向に180°回る技 ☆☆☆☆
B/S180 板に乗ったまま、空中で進行方向と逆に180°回る技 ☆☆☆☆
ハーフキャブ フェイキーのまま、空中で進行方向に180°回る技 ☆☆☆☆
スイッチハーフキャブ フェイキーのまま、空中で進行方向と逆に180°回る技 ☆☆☆☆
F/S360 板に乗ったまま、空中で進行方向に360°回る技 ☆×7
B/S360 板に乗ったまま、空中で進行方向と逆に360°回る技 ☆×8
キャバレリアル フェイキーのまま、空中で進行方向に360°回る技 ☆×6
スイッチキャバレリアル フェイキーのまま、空中で進行方向に360°回る技 ☆×8

できると中級者の仲間入り!フリップ系

技名 説明 難易度
キックフリップ オーリーして、空中で板をつま先側に横一回転させる技 ☆×5
フェイキーキックフリップ フェイキーでオーリーした後、空中で板をつま先側に横一回転させる技 ☆×5
ヒールフリップ オーリーして、空中で板をかかと側に横一回転させる技 ☆×5
フェイキーヒールフリップ フェイキーでオーリーした後、空中で板をかかと側に横一回転させる技  ☆×5
F/Sフリップ F/S180 + キックフリップ ☆×7
B/Sフリップ B/S180 + キックフリップ ☆×7
F/Sヒールフリップ F/S180 + ヒールフリップ ☆×7
B/Sヒールフリップ B/S180 + ヒールフリップ  ☆×7

一つは手に入れたい!バリアル系

技名 説明 難易度
バリアルフリップ ポップショービット + キックフリップ ☆×7
ハードフリップ F/Sポップショービット + キックフリップ ☆×7
バリアルヒール F/Sポップショービット + ヒールフリップ ☆×7
インワードヒール ポップショービット + ヒールリップ ☆×7
トレフリップ(360フリップ) 360ポップショービット + キックフリップ ☆×9
360ハードフリップ 360F/Sポップショービット + キックフリップ ☆×10
レイザーフリップ 360F/Sポップショービット + ヒールフリップ ☆×10
360インワードフリップ 360ポップショービット + ヒールリップ  ☆×10

スポンサーリンク

難易度は関係ない!?おすすめ練習順番と方法について

スケボーの技はたくさんあります。

難易度の低い順から1つずつ練習していく人が多いのですが、その練習方法はおすすめできません!

というのも、難易度はあくまで目安で、人によって☆×7より☆×5の方が難しかったりする場合があるからです。

人には、利き手や利き足があるように個人で体のバランスが違います。

つまり、やりやすい技というには人によって、違ってくる訳です。

ちなみに僕は☆×7のインワードヒールやB/Sヒールフリップはできますが、☆×5のキックフリップは一度も成功したことがありません。

じゃあ、どう練習するのがいいのか?

おすすめの練習順番とその方法を紹介しますね。

得意な技を見つけよう!おすすめの練習順番

1.プッシュとターンをマスターする

基本動作の中でも、特に重要なのがプッシュターンです。

この2つができないと、スケボーに乗って進むことができないので、必ずマスターしておきましょう。

それ以外の基本動作は、時間をみてぼちぼち練習する程度でオーケー!

そのうちできるようになります。

2.ショービット系の技を練習しながら、オーリーを練習する

多くの技は、オーリーという技が基本になります。

プッシュとターンを覚えたら、次はオーリーに挑戦しましょう。

ただし、オーリーは一朝一夕でできるような簡単な技ではありません。

最低でも、一ヶ月はかかると思います。

ちなみに、僕は一年かかりました。

意気揚々とスケボーを始めた人も、オーリーができなくて途中で挫折してしまう人が多いです。

また、悶々とオーリーだけやってると、飽きてきてしまいます。

そこでおすすめなのが、オーリーと平行して、ショービット系も技も練習していくことです。

ショービット系の技は、オーリーができなくてもできる技なので、初心者でも挑戦しやすいです。

異なる系統の技を同時に練習することで、飽きが来にくくなるし、上達も早まります!

3.F/S180かB/S180の得意な方を練習する

オーリーがある程度、飛べるようになったら今度はスピン系の技に挑戦しましょう!

スピン系の中でも難易度が低い、F/S180かB/S180をまずは練習するのがいいです。

ここで注意したいのが、人によってF/S180がやりやすいという人と、B/S180がやりやすいという人が分かれます。

一度、両方やってみて、やりやすいと感じた方を見つけましょう。

まずは、自分の得意な方を徹底的にマスターして、反対側は、その後に挑戦するといいですよ!

4.キックフリップかヒールフリップの得意な方を練習する

180ができるようになったら、フリップ系の技にも挑戦していきましょう!

フリップ系でも難易度が低いキックフリップかヒールフリップをまずは練習します。

ここでも、人によってキックフリップがやりやすい人とヒールフリップがやりやすい人に分かれます。

多くの人はキックフリップがやりやすいのですが、たまにヒールフリップがやりやすい人もいます。

右利きと左利きみたいな感じです。

こちらも、両方やってみて、やりやすい方を徹底的にマスターした方が、持ち技が早く増えますよ。

ちなみに、僕はヒールフリップ派でした。

5.得意な技を複合させる

最後は、バリアル系の技に挑戦しましょう。

技の一覧を見るとわかる通り、バリアル系の技は、フリップ系の技にスピン系やショービット系の技を複合させることで完成します。

それぞれフリップ系やスピン系、ショービット系で得意な技を見つけたら、それらを同時にやるように心がけます。

難易度高めのバリアル系の技でも、得意技の組み合わせならハードルが下がりますし、実際にそんなに難しくは感じないと思いますよ。

1日でも早くマスター!おすすめの練習方法

どの技もそうですが、まずは足の動かし方を覚えることが大事です。

足の動かし方がわからない状態で技の練習をするのは、運転の仕方がわからないのに車で公道を走ろうとしてるのと同じです。

ますは、①教習所の講義で車の操作方法を学んで、②コースで動かし方を体で覚えてからでないと、公道を走ることはできませんよね。

スケボーも同じで、まずは基本的な動作を学んで、体で覚える必要があります。

そこで、おすすめなの次の練習方法です。

  1. ◯◯で動作を学ぶ。
  2. △△で実際の動作を体で覚える。

1.YouTubeの動画で動作を学ぶ。

新しい技に挑戦する際に、動作を学ぶにはYouTubeの解説動画が無料ですし、おすすめです。

僕がおすすめするYouTubeは、NOLLY SKATEBORDINGという動画チャンネルです。

スロー動画を組み合わせて動きもわかりやすいし、解説も丁寧です。

動画の種類も多いので、自分が知りたい技もきっと見つかるはず!

2.スケートトレーナーで実際の動作を体で覚える。

YouTube動画でやり方を学んだだけでは、技はできるようになりません。

実際にスケボーに乗ってみて、体を動かしてみないといけません。

ここで早く技をマスターするのに重要なのは、練習中に転ぶ危険性を排除することです。

スケボーはタイヤが転がるので、そのまま乗るとかなり不安定です。

特に初心者の場合は、技に失敗して転ぶことが多く、恐怖心で思い切り体を動かすことができずに、なかなかうまくならないというパターンが多いです。

そこで、おすすめなのがスケートトレーナーです。

要は、タイヤを固定して転びにくくしてくれるってことですね。

装着すれば、恐怖心に駆られることなく、新しい技を思い切り練習できますよ!

気になる方は、ここが一番安くてお得です。

在庫を確認してみてください。

まとめ

今回は、スケボーの技一覧ということで記事を書きました。

改めてまとめると、

  • スケボーの技一覧表と難易度を、記事の前半に紹介しました。
  • 技のおすすめの練習順番を、記事の後半に紹介しました。
  • 練習方法としては、YouTube動画スケートトレーナーを利用するとよい。

スケボーの特徴の一つとして、多種多様な技があるというのがあると思います。

ぜひ、今回の記事で紹介した一覧を参考に、持ち技をどんどん増やしていってもらえたら嬉しいです!

ではでは、今日はこのへんで。

技の具体的なやり方を知りたい方は、こちらの記事がおすすめ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。