スケボーの高校Vantan(バンタン)とは?学校の場所や価格を調べてみた

どうも、アラサースケーターのチャンです。

よくスケボー関係のブログをみてると、こんな広告を見かけませんか?

http://www.vantanhs.com/topics/news/detail/610.php

「スケボーの学校ってあるんだ!」って、この広告をみて初めて知りました!

どんな授業をしてるのか気になる…。

ということで、公式ホームページやSNSで調べてみたので、お伝えします。

学費募集定員についても記事にしたので、最後までチェックしていってくださいね!

スポンサーリンク

スケボーの学校Vantan(バンタン)で学べるコトとは?

スケボーの学校って、どんなことを教えてるのか?

Vantan(バンタン)では、主に下の4つについて実践してるようですよ。

  • スケートボードトレーニング
  • デザイン教育
  • 英会話レッスン
  • 一般高校教育(通信制)

一般高校教育も学べることから、高校卒業資格もちゃんと取得できるようです。

にしても、スケートボードのスキルとは他に、デザインや英会話まで学べるなんて、本格的ですよね!

ストリートカルチャーの業界で将来、活躍できる人材を育成するのが目的みたいです。

うーん、昔に戻って入学してみたい!

スケボーの学校Vantan(バンタン)の場所は?

注目の学校の場所ですが、東京大阪にあるみたいです。

◯東京校

デザイナーズメゾン

セッションタワー

◯大阪校

東京校は、2箇所に別れているみたいですね。

デザイナーズメゾンは「デザイン教育」などで使用し、セッションタワーは「英会話」などで使用させるのでしょうか。

ちなみに、「スケートボードトレーニング」は、東京都内や大阪府内のスケートパークでやるみたいですよ。

東京都内のパークについてが、別記事で詳しく書いたので、気になる方はそちらをご覧ください。

東京都内のスケボーパークまとめ!初心者におすすめの無料パークや周辺の穴場駐車場は?

スポンサーリンク

Vantan(バンタン)の学費や募集定員は?

気になる学費募集定員、入試方法についても、調べてみましたよ!

意外と狭き門?スケボーの学校の募集定員

スケートボード&デザイン専攻コースの定員は、下の通りです。

東京校 25名
大阪校 20名

東京校では第3期生、大阪校では第2期生を募集してるようです。

ちなみに、スケートボード以外にも、ファッション科美容師・へメイク科、さらにはブレイクダンス専攻なんてコースもあるみたい!

3つの方法を採用!Vantan(バンタン)の入学試験

Vantan(バンタン)に入学するには、他の高校と同様、入学試験に合格する必要があります。

Vantan(バンタン)で実施している入試は、次の3つのようです。

  • AO(自己推薦)入試
  • 一般入試
  • 学校推薦

公式ホームページをチェックすると、AO(自己推薦)入試が一番、上位に表示されてました。

AO入試は、その人の考え方や人物像を重視する選考方法。

自己アピールを大事にするスケートボードらしい考え方ですよね。

一般高校より高額?Vantan(バンタン)の学費

公式ホームページによると、Vantan(バンタン)のスケートボード&デザイン専攻の学費は、下の通り。

入学費 年間設備充当費 年間授業費 年間実習費 合計
10万円 15万円 63万円 12万円 100万円

※入学初年度のみ。

ちなみに、一般的な私立高校の入学初年度の学費は、724,694円(文部科学省 平成28年度調査より)だそうですよ。

金額的にみると、少しお高いですが、卒業後は業界の即戦力になれるし、スケボーをトッププロに教えてもらえることを考えると、全然アリですよね!

まとめ

今回はスケートボードの学校Vantan(バンタン)について、記事を書いてみました。

ブログなどの広告でよく出てくるので、気になってた方も多かったのではないでしょうか。

改めてまとめると、

  • 学べることは、スケートボードデザイン英会話一般高校教育の4つ。
  • 学校は、東京大阪の2校。
  • 学費は、初年度で100万円

スケートボードが好きな自分からしたら、こんな学校がある今の時代が羨ましいです。

興味のある方は、一度、資料請求してみるのもいいかもしれませんね。

ではでは、今日はこの辺で。

アディオス!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。