【最新】スケートボード日本選手権の順位まとめ!出場選手も種目別に紹介

どうも、アラサースケーターのチャンです。

先日、スケートボード日本選手権が開催されましたね!

この大会は、東京オリンピックの前哨戦ということで、出場選手も気合が入っていたようです。

今回の記事では、スケートボード日本選手権の種目別の順位をまとめつつ

  • 上位選手の画像
  • 出場選手の出身や年齢
  • 注目の平野海祝選手の結果

についても、紹介していきます。

特に、後半は全出場選手を一目で把握できるようにしていますので、最後までチェックしていってください!

スポンサーリンク

(画像あり)スケートボード日本選手権の順位まとめ!

スケートボード日本選手権は、東京オリンピックに合わせて、ストリートとパークの2種目が行われました。

それぞれの大会結果上位選手の画像は、こちら!

◯ストリート

開催日

平成30年5月13日

大会順位(男子)

  1. 池 慧野巨(いけ けやき)17歳
  2. 小鈴 大和(こすず やまと)17歳
  3. 山下 京之助(やました きょうのすけ)13歳
  4. 根附 海龍(ねつけ かいり) 14歳

引用元:https://www.murasaki.co.jp/brand/ridelifemag-skate/shop/skate/

左から根附選手(4位)、小鈴選手(2位)、池選手(1位)、山下選手(3位)

大会順位(女子)

  1. 伊佐 風椰(いさ かや) 16歳
  2. 織田 夢海(おだ ゆめか) 11歳
  3. 中山 楓奈 (なかやま ふうな)12歳
  4. 前田 日菜(まえだ ひな) 12歳

引用元:https://www.murasaki.co.jp/brand/ridelifemag-skate/shop/skate/

左から前田選手(4位)、織田選手(2位)、伊佐選手(1位)、中山選手(3位)

結果をみると、上位入賞選手が全員、10代で驚きました!

どうやったら、そんな上手くなれるのか30代の僕に教えてほしい…。

会場

ムラサキパーク東京

ちなみに、会場となったムラサキパーク東京は一般の人でも利用できる施設です。

初心者専門のスクールなど開催してるようなので、気になる方は行ってみるといいですよ。

◯パーク

開催日

平成30年5月19日〜20日

大会順位(男子)

  1. 笹岡 健介(ささおか けんすけ)19歳
  2. 池田 大亮(いけだ だいすけ)17歳
  3. 中谷 太紀(なかたに たいき)19歳
  4. 永原 悠路(ながはら ゆうろ) 14歳

引用元:https://www.murasaki.co.jp/brand/ridelifemag-skate/shop/daisuke-ikeda/

左から永原選手(4位)、池田選手(2位)、笹岡選手(1位)、中谷選手(3位)

ちなみに、2位の池田選手は、もともとストリート種目が得意な選手。

それでもパーク種目で上位入賞してるので、末恐ろしい才能です…。

池田選手については、この記事でも紹介してます。

東京オリンピックのスケートボードで注目の日本代表選手まとめ!ライバル選手や会場も調査

大会順位(女子)

  1. 四十住 さくら(よそずみ さくら)15歳
  2. 小川 希花(おがわ きはな)17歳
  3. 岡本 碧優(おかもと みすぐ)11歳
  4. 開 心那(ひらき ここな) 9歳

引用元:https://www.murasaki.co.jp/brand/ridelifemag-skate/shop/daisuke-ikeda/

左から開選手(4位)、小川選手(2位)、四十住選手(1位)、岡本選手(3位)

4位に入賞した開選手は、まだ9歳なんですね…。

うちの息子と3つしか違わないのに、オリンピック候補とかスゴ過ぎです!

会場

JWSCバタフライボウル

会場は、スノーボード専門学校内の施設です。

こちらは残念ながら、普段は一般解放はしていないそうです。

スポンサーリンク

総勢85名!スケートボード日本選手権の出場選手を一挙に紹介!

公式ホームページをみると、スケートボード日本選手権の出場者数は次の通りみたいです。

男子 女子 合計
ストリート 39人 15人 54人
パーク 23人 8人 31人

出場選手は下の通りです。

◯ストリート

http://jrsf.or.jp/skate_board/skate_board_competition/2018street/

※タップすると拡大できます。

◯パーク

http://jrsf.or.jp/skate_board/skate_board_competition/2018park/

※タップすると拡大できます。

パーク種目の中には、平野歩夢選手の弟の平野海祝選手も出場してて、注目されたましたね。

平野選手は、23人中6位という結果で、善戦したみたいですよ。

まとめ

今回は、スケートボード日本選手権の順位や出場選手について、記事を書きました。

改めてまとめると、

  • ストリート種目(男子)の順位は、池選手(1位)、小鈴選手(2位)、山下選手(3位)。
  • ストリート種目(女子)の順位は、伊佐選手(1位)、織田選手(2位)、中山選手(3位)。
  • パーク種目(男子)の順位は、笹岡選手(1位)、池田選手(2位)、中谷選手(3位)。
  • パーク種目(女子)の順位は、四十住選手(1位)、小川選手(2位)、岡本選手(3位)。

スケートボード日本選手権の上位入賞者は、東京オリンピック強化選手に選ばれます。

10代の若い力が、東京オリンピックで活躍するのが楽しみですね!

では、今日はこのへんで!

アディアオス!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。