スケボーのボックスの作り方を徹底解説!自作した設計図なども公開!

どうも、こー@人見知りスケーターです。

人見知りなので、1人でスケボーしてることが多いです。

 

スケボーをやってると、パークなどによく置いてあるカーブボックス、家にも欲しいなーと思うことってないですか?

 

コウ
コウ
僕は人見知りなので、一人で練習できるボックスが欲しくてたまりませんでした。

 

ただボックスってなかなか売ってないんですよね。

 

 

ということで、実はちょっと前に作ったので、今回はその設計図作り方をにしてみました。

 

ボックスが欲しいと思ってた方は、ぜひ最後までチェックしてみてください。

 

スケボーのボックスの設計図を解説!予算は?

ボックスの作り方ということですが、まずは

  • ボックスの設計図
  • 材料と予算

について紹介します。

 

どんな構造がいいの?ボックスの設計図を紹介

ボックスの設計ですが、僕がたまに行くパークに置いてある初心者用のカーブボックスを参考に考えました。

コウ
コウ
高さは高すぎず、長さも短すぎないよくあるやつです。

サイズとしては…

  • 高さ 約30cm
  • 幅  約45cm
  • 長さ 約182cm

という感じですね。

 

設計図も詳しく書いてみたので、よければタップして拡大してみてください。

 

気になる予算は?必要な材料や工具を紹介

ボックスに必要な材料ですが、

  • 2×4材(木材) 長さ182cm ×6本
  • コンパネ(厚さ12mm) 182cm×91cm ×1枚
  • L型アングル(3cm×3cm) 200cm ×1本
  • ビス(長さ57mm) ×約60本

です。

 

一般的なホームセンターでこれらを購入すると、だいたい7,000円くらい かなと。

 

ホームセンターが近くにない場合は、オカモク楽天市場店というお店で通販することもできますよ。

あとは工具として、ビスを木材に打ち込むのに電動ドリルドライバーが必要です。

コウ
コウ
画像をタップすると分かりますが、買うとそこそこします。

 

今後、使うことがないようであれば、ホームセンターでレンタルもできるので、そっちを利用した方がオススメかと。

 

 

スケボーのボックス作り方を図付きで解説!

材料や工具が準備できたら、ボックスを作っていきます。

 

作り方としては、

  1. 材料のカット
  2. 周りの枠を作る
  3. 枠に柱と天板を付ける
  4. コーピングを設置する
  5. 下枠を取り付ける

という5ステップでできます。

 

各ステップごとに解説します。

ステップ1:材料をカットする

用意した材料を寸法に合わせてカットします。

 

自分で切ってもいいんですが、真っ直ぐカットするには工具がいるので結構、大変です。

コウ
コウ
材料を買ったホームセンターなどでカットしてもらえるので、そっちの方が楽かと。

2×4材

  • 37.9cm ×6本
  • 30cm ×4本
  • 182cm ×4本(カットなし)

2×4材は1本182cmなので、37.9cm×3本30cm×2本を取るようにカットすれば効率よく使えます。

 

コンパネ

  • 182cm×45.5cm ×1枚

1枚を半分にするようにカットします。

L型アングル

  • 182cm ×1本

ステップ2:周りの枠を作る

次に、図のようにボックスの骨格となるを作ります。

コウ
コウ
矢印のように縦に2つずつビス止めすると、しっかり固定できます。

ステップ3:枠に柱と天板を付ける

枠の1つに図のように柱を取り付けていきます。

コウ
コウ
矢印のように斜めに2箇所ビスを打つと、しっかり固定できます。

 

次に、コンパネを枠に取り付けます。

 

ステップ4:コーピングを付ける

L型アングルに下の図のように穴を開けます。

コウ
コウ
穴の位置は適当ですが、だいたい等間隔になるようにします。

 

ここで注意したいのが、このまま固定するとビスの頭が飛び出て、スケボーが引っかかって危ないです。

 

アングルに穴を開けた後は、下の画像にような面取りドリルを使って、皿穴加工しましょう。

 

皿穴加工

 

皿穴加工ができたら、そのままビスで本体に取り付けます。

 

ステップ5:下枠を取り付ける

次に、残った枠を固定していきます。

コウ
コウ
ステップ3と同様に、斜めにビス止めします。

 

最後に、キャスターを付けて、簡単に移動できるようにしておきます。

コウ
コウ
キャスターがあれば移動できるので、片付けに便利です。

これで完成です。

 

まとめ

今回は、スケボーのボックスの作り方を紹介しました。

 

改めてまとめると…

  • 必要な材料を記事の前半で紹介
  • 予算としては、7,000円ほど。
  • 作り方(5ステップ)を記事の後半で紹介

 

1〜2日あれば完成すると思うので、休日などに一度、作ってみてはいかがでしょうか。

 

ではでは、今日はこのへんで。

 

 

お知らせ

僕のTwitterでは、下のようなハウツーYouTubeの図解を投稿してます。

よければ、フォローしてみてください!

コメント

  1. 竹本英史 より:

    45mmじゃ足りませんよ。

    1. kosk8shine より:

      コメントありがとうございます。
      僕はビス45mmでやったんですが、確かにもっと長い方がいいかもしれないですね…。
      修正しておきます。
      あざす!

コメントを残す

*