【スケボー】ベンチャーのトラックのおすすめモデル3選!高さや幅の選び方も解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スケボーのトラックで人気のブランドといえばVENTUREベンチャー)

僕も長年、愛用している老舗メーカーです。

 

そんなVENTUREですが、最近では商品ラインナップも増えてきています。

いざ購入しようにも、どのモデルを選んでいいのか迷ってしまいますよね…。

 

また、VENTUREは、トラックの高さや幅の選択肢も多く、どのサイズが自分にあってるのかよくわからない人も多いと思います。

 

そこで今回は、VENTUREトラックのおすすめモデルをまとめつつ、

  • モデル別の性能比較
  • 最安値ショップ
  • 自分に合った高さの選び方

などを記事にしました。

ぜひ、最後までチェックしてみてください!

 

 

軽量モデルのトラックが気になってる方は、こちらの記事がおすすめ!

スポンサーリンク

 

VENTURE(ベンチャー)トラックのおすすめモデル3選はこれだ!

VENTURE(ベンチャー)のおすすめモデルということで、次の3つを紹介したいと思います。

  • TEAM MODEL(チームモデル)
  • V LIGHTS(ブイ ライツ)
  • V HOLLOW LIGHTS(ブイ ホロー ライツ)

 

一つずつ詳しく見ていきましょう!

 

定番中の定番!TEAM MOREL(チームモデル)

参照元:http://www.californiastreet.net/fs/csskate/truck-venture/truck-venture-og-slv

 

VENTUREの定番モデル。

僕も長年このモデルを愛用していますが、非常に頑丈だし、乗っていて安定しています。

 

◯高さ

HI(ハイ):63mm

LO(ロー):58mm

 

◯幅

5.0:19.5cm

5.25:20.5cm

 

◯重量

高さ 重量
5.0 HI(ハイ) 344g
LO(ロー) 337g
5.25 HI(ハイ) 355g
LO(ロー) 353g

 

◯その他(最安値ショップなど)

3つのモデルの中では最も価格が安いこのモデル。

価格も手頃なので、VENTUREトラックを試してみたい方これからスケボーを買う方にもおすすめです!

 

ちなみに、最も安かったのはこのショップでした!

↑画像タップで、価格在庫を確認できます。

 

なんと通常価格の20%オフでした!

定番モデルでここまでの割引はあまりないので、売り切れ必至です。

 

ちょうどいい軽さ!V LIGHTS(ブイ ライツ)

参照元:http://www.californiastreet.net/fs/csskate/truck-venture/truck-vent-vlt-slv

 

見た目はTEAM MODELとほとんど変わりませんが、よくみるとロゴが中抜きになっています。

キングピンと呼ばれる中心の軸を中空化したり、プレートを肉抜きした軽量化モデル

 

◯高さ

HI(ハイ):63mm

LO(ロー):58mm

 

◯幅

5.0:19.5cm

5.25:20.5cm

 

◯重量

高さ 重量
5.0 HI(ハイ) 331g
LO(ロー) 323g
5.25 HI(ハイ) 339g
LO(ロー) 336g

 

◯その他(最安値ショップなど)

TEAM MODELより少し軽くなっていて、女性初心者の方のエントリーモデルとしておすすめ!

 

送料など含みでみると、次のショップが一番、お得でした。

↑画像タップで、価格軽量化された様子も確認できます。

 

価格としては、通常価格の20%オフ!

 

上の画像は高さLOですが、HIも同じ価格でありました!

 

 

定番モデルから-20gを実現!V HOLLOW LIGHTS(ブイ ホロー ライツ)

参照元:http://www.californiastreet.net/fs/csskate/truck-venture/tr-ven-vhl-slv

 

VENTUREトラックの中で最軽量モデル

V LIGHTの軽量化に加え、シャフトと呼ばれる横の軸まで中空化した強度ギリギリを攻めた型です。

 

◯高さ

HI(ハイ):61mm

LO(ロー):57mm

 

◯幅

5.0:19.5cm

5.25:20.5cm

 

◯重量

高さ 重量
5.0 HI(ハイ) 320g
LO(ロー) 317g
5.25 HI(ハイ) 326g
LO(ロー) 318g

 

◯その他(最安値ショップなど)

かなり軽量なので疲れにくく、オーリーを練習中の方におすすめです!

強度が他のモデルに比べ弱いと思うので、ボックスやレールをガリガリ攻めたい人には不向きかもしれませんね。

 

送料を考えると、最安値は次のショップでした。

↑ 画像をタップすると、価格軽量化の様子が確認できます!

 

価格としては、通常価格の20%オフ!

 

上の画像は幅5.0ですが、5.25も同じ価格でありました!

 

 

スポンサーリンク

 

トラックの幅や高さの選び方!ポイントは◯◯

トラックの幅や高さの選び方のポイントは、ズバリ…自分がどういう滑りをしたいか!です。

 

つまり、自分が今後、どういう風にスケボーを楽しみたいと思っているかで、選ぶべきトラックの幅や高さが変わってくるということです。

 

ということで、ここからはトラックの幅や高さのそれぞれの特徴を紹介していくので、自分の滑り方と照らし合わせてみてください!

 

滑り重視or技重視?トラックの幅の特徴

スケボーのトラックは自動車と同じで、タイヤ間の距離が広いと滑りが安定したり、ターンがしやすかったりします。

 

ただ逆に、トラックの幅が広いと、スケボー自体の重量は重くなるので、宙に浮かせにくくなります。

 

つまり、純粋に滑りを楽しみたい方や、スケボーにあまり慣れていない初心者の方は、トラックの幅が広めのモデルを選ぶといいかなと思います。

 

オーリー派orフリップ派?トラックの高さの特徴

トラックの高さは、技のやりやすさに影響してきます。

 

トラックの高さが高いと、地面とデッキの距離が長くなるので、オーリーの高さが出しやすいです。

 

逆に、トラックが低いと、地面とデッキの距離が短くなり、すぐに板が跳ね返ってくることから、フリップなどの複雑な技がやりやすいです。

 

なので、今後、オーリーに高さを出したいという人高めのトラック。逆に、いろんな技を楽しみたいという人低めのトラックを選択するといいと思います。

 

 

また、スケボーを始めたばかりで、そこまでわかりません!という方は、滑りを安定させたい場合高いトラック。

ターンなどをやりやすくしたい場合は、低いトラックを選ぶといいと思いますよ。

 

 

まとめ

今回は、スケボーのトラックということで、記事を書きました。

改めてまとめると、

  • VENTURE(ベンチャー)のおすすめモデルを記事の前半で紹介しました。
  • 各モデルの機能を比較しました。
  • トラックの高さや幅の選び方を記事の後半で紹介しました。

 

スケボーのトラックは、自動車のハンドル的の重要なパーツで、どのメーカーも精巧に作り込んであります。

 

その中でも、特にVENTURE(ベンチャー)は、トラックブランドの中で一番支持されているブランドで、僕もおすすめです。

 

今回の記事が、みなさんのトラック選びに少しでも役に立てれば、嬉しいです!

 

 

ではでは、今日はこの辺で。

 

 

 

軽量モデルのトラックが気になってる方は、こちらの記事がおすすめ!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。