【スケボー】トラックの軽量モデルまとめてみた!一番軽いのはサンダー!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、人見知りスケーターのコウです。

 

オーリーの練習を始めたばかりの時って、もっとボードが軽かったら成功するんじゃ…と思うことってありませんか?

(僕がそうでした。)

 

実際、ボード全体を軽くすることで体力の負担が減るので、たくさん練習できて上達するというのはあるみたいですよ。

 

ボードを軽くしようと思ったら、軽量モデルのトラックを使うのがオススメかなと。

 

今回の記事では、スケボートラックのおすすめ軽量モデルをまとめつつ、

  • トラックの重量
  • それぞれの特徴
  • 実際の価格

などを書きました。

 

軽量モデルのトラックが気になってる方は、最後までチェックしてみてください!

 

 

【まとめ】主要なスケボートラックの軽量モデル

スケボーのトラックですが、軽量モデルということで、僕なりに有名どころを次の4つをピックアップしてみました。

  • サンダー チタニウムライト
  • インデペンデント フォーゲットチタニウム
  • ベンチャー V チタニウム
  • テンサー マグライト

 

それぞれの重量特徴について解説していきますね。

 

軽量級の代表格!THUNDER(サンダー) チタニウムライト

手榴弾のロゴでおなじみのTHUNDER(サンダー)。

 

軽いトラックとして、最も有名なのがこのサンダーの最軽量モデルチタニウムライトじゃないかと。

 

重量主な特徴を僕なりにまとめてみました。

◯重量

275g〜285g

※サイズによる違い。

◯特徴

  • キングピンに中空ピンを使用。
  • ベースプレートは肉抜きし、軽量化。
  • シャフトに軽量金属のチタンを使用。

画像をタップすると、軽量化されたパーツの画像を確認することができます。

 

老舗の軽量トラック!INDEPENDENT(インデペンデント)フォーゲットチタニウム

老舗メーカーのINDEPENDENT(通称:インディー)は、スケボーのトラック以外にアパレルなども出してるブランド。

 

そんなインディーの最軽量モデルが、フォーゲットチタニウム

◯重量

323g〜347g

※サイズによる違い。

◯特徴

  • キングピンは中空形状で軽量化。
  • ベースプレートも肉抜き
  • シャフトは軽量金属チタンを使用。

画像タップで、パーツがどんな風に軽量化されてるか確認することができます。

 

コウ
コウ
軽すぎるのが嫌だけど、ほどよく軽いのが欲しい人におすすめ。

 

人気ブランドの軽量モデル!VENTURE(ベンチャー)V チタニウム

僕が長年、愛用してるVENTURE(ベンチャー)。

 

スケートパークなどに行っても、結構、ベンチャーも使ってる人が多いなという印象があります。

 

そんなベンチャーの最軽量モデルが、このV チタニウム

 

ベンチャーのこのモデルだけ、ベースプレートが金色になってる特別なトラックです。

◯重量

298g〜321g

※サイズによる違い。

◯特徴

  • 中空キングピンを使用。
  • ベースプレートを肉抜きで軽量化。
  • シャフトには軽量金属チタンを使用。
  • ベースプレートがゴールド。

画像をタップすると、パーツの詳細色合いが確認できます。

 

超軽量なのに高機能!TENSOR(テンサー)マグライト

軽量化を追求し続けているのが、このTENSOR(テンサー)というブランド。

 

そんなテンサーの最軽量モデルが、このマグライトかと。

◯重量

249g

まさかの250g割れ!リンゴ1個分くらいです…。笑

 

◯特徴

  • シャフトとキングピンに軽量金属マグネシウムを使用。
  • キングピンは中空形状で軽量化。
  • ベースプレートにプラ製のスライダーピースを装備。カーブトリック時の引っかかりを軽減してくれます。
  • 価格もそこまで高くなく、良心的。

画像をタップすると、軽量化の様子価格をチェックできます。

 

 

4つの軽量トラックを軽い順番に並べてみた!

よく、最も軽いトラックはサンダーのチタニウムライトだと言われています。

 

実際のところ、どうなのか?

先ほどの4つの軽量トラックを軽い順番に並べてみました。

 

メーカー モデル名 重量
TENSOR(テンサー)マグライト 249g
THUNDER(サンダー) チタニウムライト 275g〜285g
VENTURE(ベンチャー)Vチタニウム 298g〜321g
INDEPENDENT(インデペンデント)フォーゲットチタニウム  323g〜347g

 

実際に比べてみると、サンダーのチタニウムも軽いですが、最も軽量なのはテンサーのマグライトなんですね!

 

軽量モデルのトラックは、通常モデルに比べて値段もはるので、そういう意味でもテンサーのマグライトはコスパが良さそうですね。

 

まとめ

今回は、軽いスケボーのトラックについて、記事を書きました。

 

改めてまとめると、

  • おすすめのトラックの軽量モデルを、記事内でまとめました。
  • 軽量トラックは、軽さと価格のバランスを考えて購入すべき。
  • 最も軽量だったモデルは、TENSOR(テンサー)マグライト

 

僕は、スケボーがうまくなるには練習しかないと思ってます。

 

ただ、軽量化したパーツを使うことで、疲れにくくなって練習量が増えるのであれば、軽量トラックはいいのかもしれませんね。

 

コウ
コウ
最近、歳もせいかスケボーしてると、すぐ膝が痛くなるので、軽量トラック試してみようかな…。

 

ということで、今日はこのへんで。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。