子供用スケボーはムラサキスポーツがいい!?おすすめモデルなど紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近キッズスケーターの活躍を、よくテレビなんかで目にします。

僕もスケートパークに行くと練習してる子供たちによく遭遇しますしね。

 

小さい頃からスケボーする子供って、増えてますよね。

スケボーをやりたいって言う子も多いと思います。

 

 

ただ、実際に子供にスケボーを買おうとしても、どんなボードを買っていいのか正直わからんですよね。

 

そういう時は、よくイオンモールとかにあるムラサキスポーツがおすすめです。

 

ということで、今回はムラサキスポーツの子供用スケボーについてまとめつつ、

  • 大型量販店との違い
  • おすすめのモデル

などについても、紹介していこうと思います。

 

子供用スケボーで何を買えばいいのかわからない…と悩んでる方には参考になると思うので、ぜひ最後までチェックしてみてください!

 

スポンサーリンク

 

ムラサキスポーツと大型量販店の違いとは?

デポなどの大型スポーツ量販店は、サッカーや野球といった一般的なスポーツ用品を取り揃えています。

最近では、ランニングやアウトドア用品もありますよね。

 

 

一方、ムラサキスポーツ(通称ムラスポ)は、スケボーを始め、スノボーやサーフィンといったアクションスポーツのアイテムの取り扱いが多いのが特徴のスポーツ量販店です。

 

スケボーについては、専属のライダーをサポートしたり、スケートパークを運営したりと、ショップ以外でもいろんなことを展開しています。

 

そのため、国内や海外の専門ブランドとのコネクションがあり、取り扱ってる商品も本格的なものが多いです。

大型スポーツ量販店にも子供用のスケボーは売ってますが、ほとんどが専門ブランドじゃない商品でした。(ゼビオには少し、専門のが売ってましたが。)

 

また、ムラスポの店員さんも実際にスケボーをやってる人が多く、知識や経験があるので、お店に行って話を聞くと、結構なんでも教えてくれます。

 

 

ということで、ムラスポの大型量販店との違いをまとめると…

  • スケボーやスノボーといったアクションスポーツに特化
  • ライダーのサポートやスケートパークの運営などショップ以外も展開
  •  スケートボード専門ブランドのアイテムが充実
  • 店員さんの知識や経験が豊富

といったところです。

スポンサーリンク

 

本格的に始めるならムラスポはおすすめ!

子供がスケボーを始める目的は人それぞれだと思います。

 

もし、ジャンプしたり、ボードを空中で回したり、大会に出たりしたいということであれば、僕はムラスポでボードを選ぶのはオススメです。

 

理由はいくつかありますが…

  • 耐久性操作性が高い商品が多い
  • スクールがある
  • 気軽に出入りできる

などなど。

 

どういうことか、一つずつ説明していきますね。

 

理由①:耐久性や操作性が高い

前述した通り、ムラスポにはスケートボード専門ブランドのアイテムが豊富です。

 

専門ブランドのアイテムは、技をしたり、大会に出たりすることを前提に作られています。

そのため、衝撃に耐えられたり、スピードのコントロールがしやすかったりします。

 

大型スポーツ量販店のボードでは、単純に上に乗って遊ぶことはできても、技をかけたり、大会に出たりすることまでは性能的に無理だと思います。

 

本格的にやってみたい場合は、ムラスポに売ってるような専門ブランドのボードを選択するのがいいかと。

 

理由②:スクールがある

ムラスポの中には、スケートスクールを開催している店舗があります。

東京付近だと、ムラサキパーク東京店とか茅ヶ崎南口店とか。

 

スケボーは見た目は簡単そうですが、しっかり滑れるようになるまでは練習が必要です。

スクールに参加すれば、上達も早くなるのでオススメです。

 

ムラスポでスケボーを購入した人しかスクールに参加できない店舗もあるので、スクールを利用したい方はムラスポでボードを選ぶのもアリじゃないかと。

 

理由③:気軽に出入りできる

ムラスポのいいなぁと思うとところは、イオンモールなどのショッピングモールに店舗が入っているところ。

 

本格的なスケボーなら、地元のスケートショップとかでも買えたりするんですが、雰囲気的に初心者はなかなか入りづらかったりします…。

 

また、小さいお店だと、何か買わないと店から出にくい…ということもあると思います。

 

ムラスポは、スケーター以外のお客さんも多いので、ちょっとスケボーを見てみたいという方も入りやすいですよね。

 

そういう意味でムラスポは、だれでも気軽に本格的なスケボーに触れることができる場所ではないかと思います。

 

スポンサーリンク

ムラサキスポーツでおすすめのモデル3選!

ムラスポではスケボーのいろんなボードやパーツが売られています。

子供用スケボーに限らず、スケボーを買う場合は一般的に…

  • パーツごとに買って、自分で組む
  • すでに組まれたコンプリートボードを買う

の2つの選択肢があります。

 

子供用のスケボーを買うのであれば、まずはコンプリートボードを選択するのがおすすめです。

その理由は…

  • パーツごとで買うより安い
  • 子供用のパーツは少ないので、すでに組み立てられてるボードを選ぶ方が楽
  • 買ってすぐ乗れる

という3つ。

 

 

その上で、ムラスポでおすすめのコンプリートボードを紹介します。

 

おすすめのボードを選んだ基準は…

  1. デッキ(板)ブランドの知名度
  2. トラック(板とウィールの接続部)ブランドの知名度
  3. ベアリングの回転数

の3つをチェックして選びましたよ。

 

おすすめ①

画像をクリックすると、カラーを選択したり、価格を確認できます。

 

上のボードのスペックを表にしてみました。

ブランド 評価
デッキ IFO(国内の有名ブランド)
トラック IFO(トラックの専門メーカーではない)
ベアリング ABEC7(回転数は高い)
価格 ※上の画像をクリックで確認できます。

スペックをさることながら、デザインもカッコいいので個人的にオススメです。

 

おすすめ②

画像クリックで、各パーツの詳細価格を確認できます。

 

スペック表はこんな感じ。

ブランド 評価
デッキ TOY MACHINE(海外の老舗ブランド)
トラック RUCKS
(TOY MACHINEと同系列のトラック専門メーカー)
ベアリング ABEC5
(回転数は少し低いが、PIGSという専門メーカー)
△’
価格 ※上の画像をクリックで確認できます。

TOY MACHINEは昔からあるブランドですし、トラックやベアリングも同系列のメーカーで揃えられいます。

総合的に評価が高く、おすすめだと思います。

 

おすすめ③

画像クリックで、サイズの確認方法価格を確認できます。

 

スペック表は下のようになります。

ブランド 評価
デッキ THREE WEATHER×TUHLEG
(国内サーフ系ブランドのコラボ。
TUHLEGは最近、スケボーにも注力している。)
トラック THREE WEATHER
(トラックの専門メーカーではない)
ベアリング ABEC7(回転数は高い)
価格 ※上の画像をクリックで確認できます。

スケートボード専門ブランドのボードではないですが、ベアリングが回転数も高いのに、価格がそこまで高くないです。

なるべく価格が安いものを選びたい人には、おすすめかと思います。

 

 

まとめ

今回は、ムラサキスポーツの子供用スケボーということで記事を書きました。

 

改めてまとめると…

  • ムラスポはスポーツ量販店と違い、アクションスポーツに特化。
  • 子供が本格的にスケボーを始めたい場合は、ムラスポはオススメ。
  • ムラスポでのおすすめのモデルを、記事の後半でまとめました。

 

子供にスケボーを買ってあげる際、参考になれば嬉しいです。

 

ではでは。

 

 

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。