スケボーのリュックへの付け方を紹介!自作する方法やズリ下がらなくなる方法も解説!

みなさんはスケボーを持ち運ぶとき、どうやってますか?

都会では、リュックにスケボーを付けて移動してる人などをよく見かけますが…

本物のスケーター感が出ててなんかカッコイイ!

ファッションではなく、スケーターってところで周りと違う雰囲気を醸し出しています。笑

実は、僕もそういうスケーター感を出したくて、リュックにスケボーを付けてます時があります。

ただ、やったことが無いとどうやってリュックにスケボーを付ければいいのかわからないですよね…。

ということで、今回はスケボーのリュックへの付け方を紹介しつつ、

  • スケートホルダー(※)を自作する方法
  • スケボーがズリ下がりにくくする方法
  • おすすめのスケートリュック

などを記事にまとめました。

ぜひ、最後までチェックしてみてください!

※スケートホルダー:スケボーをリュックに付けるためのベルト

スポンサーリンク

実は簡単!リュックへのスケボーの付け方を解説!

スケボーのリュックへの付け方ですが、次の3つの方法を紹介します。

  • スケートホルダー付きのリュックを入手する
  • 持ってるリュックにスケートホルダーを自作する
  • 持ってるリュックにトラックを引っ掛け

どれも簡単です。

では、一つずつ見ていきましょう!

スケートホルダー付きのリュックを入手する

一番おすすめな方法は、リュックを買うことです。

今あるリュックにスケボーを取り付ける方法はこのあと紹介しますが、やはり傷がついたり汚れたりしてしまいます。

スケートホルダー付きのリュックだと…

  • スケボーが当たる部分が強い生地で傷つかない
  • 汚れが付きにくい素材
  • ホルダーが丈夫で壊れにくい
  • カタチがスケボーに合わせてあるのでスタイリッシュ

などという利点があります。

実は、僕もリュックにはスケートホルダー付きのリュックを使っていました。

ニクソンというスケーター御用達のブランドのリュックですが、見た目もよく使い勝手もよくて気に入ってます。

もちろんスケボーもしっかり付けれますよ。

ちなみに、僕が使っていたのはニクソンのSMITH Ⅲというモデル。

↑画像のお店だと、半額で買えてお得ですよ。

リュックを買うのであれば、やはりスケボー関連のブランドを買うのがおすすめですね。

スケートホルダーを自作する

リュックを買いたいけど、お金が無い…という方は、スケートホルダーを自作するという方法もありますよ。

手順は次の通り。

STEP1.チェストベルトを用意する

スケートホルダーの材料となるストラップを用意します。

リュックの胸ベルトに使われるチェストベルトというものを使用しましょう。

上下に取り付けるので、2本用意します。

チェストベルトは、後で長さが調整できるように長めのモノを用意するといいですよ。

↑長さも長く、価格も安いのでおすすめです。

STEP2.リュックに取り付ける

チェストベルトをリュックの肩ベルトに通して、取り付けます。

取り付け方は、動画で確認してください。

 ↑画像をタップすると、取り付け方の動画をチェックできます。

この時、注意するのが通常と反対方向に取り付けることです。

あくまで、リュックの表側にストラップがくるようにしましょう。

位置を調整しながら、上下に取り付けます。

STEP3.必要に応じて縫い合わせる

ストラップを取り付けたら、必要に応じてミシンで縫合すると強度が増します。

リュックの表側を縫い合わせることになるので、リュックが開かなくならないように注意しましょう!

これで完成です!

リュックにトラックを引っ掛ける

リュックを新調するのもお金がないし、自作するのも無理…という方は、持ってるリュックにスケボーのトラックを引っ掛ける方法もありますよ。

参照:https://emiki73.com/sk8-bag-4753

トラックが直でリュックに当たるので、汚れるのは必至だと思います。

あと、背中に直でボードが当たるので、少し痛いかも…。

ただ、お金をかけずにできる方法ので、試しにやってみるといいかもしれないですね。

スポンサーリンク

これで解決!スケボーがズリ下がらなくなる方法とは

スケートホルダー付きのリュックを買った場合ですが、重さでリュックに付けたスケボーがずり下がってしまうことがあります。

移動しててもブラブラと背中でスケボーが動くので、違和感を感じます。

せっかくリュックを買ったのに、安定してスケボーを取り付けられないんじゃ意味ないですよね…。

ということで、リュックに付けたスケボーがズリ下がらなくなる方法を紹介しますね。

解決方法としては、次の2つがあります。

  • 下のストラップをトラックの下に掛ける。
  • ボードケース型リュックを入手する。

1つずつ見ていきましょう!

下のストラップをトラックに下に掛ける

スケボーがズリ下がらないように、下のトラックの下にストラップを通すようにします。

こんな感じ。

参照:http://madamuwed.blog95.fc2.com/blog-date-20120903.html

下のストラップが重さを支えてくれるので、これだけで結構安定します。

僕も、ずっとこの方法でスケボーをリュックに付けてましたよ。

ボードケース型リュックを入手する

それでも、多少はグラグラするので、それが嫌な人はしっかりボードケースを使いましょう。

ボードケースというと、ペラペラの布製の袋を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、今はオシャレで高性能なリュック型のケースも多いですよ。

参考に、僕のおすすめのボードケース型リュックのブランド3選を紹介しますね!

普段使いでもオシャレ!escapo.tokyo(エスカポ)

escapo.tokyo(エスカポ)は、2016年に機能性とデザイン性を兼ね備えたスケートボードバック専門のブランドです。

最大の特徴は、ボードケースとして使わない場合は、折りたたんでリュックとして使用できることですよ。

画像をタップすると、バックの内部などがチェックできます!

普段使いでも、だいぶオシャレ…。

3wayの機能性!PITBULL(ピットブル)

こちらも、ボードケースとして使わない場合は折りたたんで普段使いできるタイプです。

しかも、リュックだけでなくショルダーバッグにも変形可能な3way仕様

画像をタップすると、 内部を確認できます。

価格もお手頃なので、僕的には一押しです!

大容量なのに低価格!cpsl.(カプセル)

元々はスノーウェアブランドだったcpsl.(カプセル)は、タフなアイテムをリリースするバッグブランド。

ボードケースは大容量なので、荷物が多いスケーターにおすすめ。

しかも、かなりの低価格

↑さらに10%オフのお店見つけました!

実は、僕もcpsl.のボードケースは一つ持ってます。

かなり使い勝手がいいですよ。

まとめ

今回はスケボーのリュックへの付け方ということで、記事を書きました。

改めてまとめると…

  • 付け方としては、リュックを入手する自作するトラックを引っ掛けるの3つの方法があります。
  • スケートホルダーの自作方法は、記事の前半に記載しました。
  • スケボーをリュックに付けてもグラグラする場合の解決方法を、記事の後半に書きました。

海外のYouTubeを見ると、結構みんな背中にスケボーを付けてますよね。

是非、今回の記事を参考に、リュックにスケボーを付けてみてください!

では、今日はこのへんで。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。