【スケボー】ベンチャーのトラック全モデル比較!初心者におすすめなのは!?

どうも、こー@人見知りスケーターです。

人見知りなので、いつも1人でスケボーしてます。

 

みなさんはトラックってどこの使ってますか?

コウ
コウ
僕はここ数年、VENTURE(ベンチャー)を使い続けてます。

VENTUREは、よくスケボーを始めたばかりの人にもオススメされる老舗トラックメーカーですが、種類やサイズがいろいろあって、どれを選ぶのがいいのかわからないということもあるかと。

 

ということで、今回はVENTUREトラックの全モデルを比較してみようと思います。

 

スケボーを始めたばかりの方におすすめなモデルも合わせて紹介しようと思うので、VENTUREのトラックが気になってる方は、最後までチェックしてみてください。

 

VENTURE(ベンチャー)のトラック全モデルを比較してみた

VENTUREのトラックということで、ネットで調べたところ

  • ALL POLISHED(オール ポリッシュ)
  • V LIGHTS(ブイ ライト)
  • V HOLLOW LIGHTS(ブイ ホローライト)
  • V TITANIUM(ブイ チタニウム)

という4モデルがあるみたいです。

コウ
コウ
プロスケーターの名前がついたシグネチャーモデルがあるモデルもあります。

重さやサイズ、価格などいろいろ比較して、僕なりに特徴をまとめてみました。

定番中の定番!ALL POLISHED(オール ポリッシュ)

VENTUREのモデルの中で、一番定番のモデルです。

コウ
コウ
別名でSUPER LIGHT(スーパーライト)という呼び方もあるみたいです。

サイズ別重量

高さ 重量
5.0 HI(ハイ) 344g
LO(ロー) 337g
5.2 HI(ハイ) 355g
LO(ロー) 353g

※僕がネットなどで調べた結果なので、実際に測ると違う場合があるかもです。ご了承ください。

 

特徴

  • スタンダードなモデルのため、価格が安い
  • 個人的に、他のブランドより壊れにくい気がする

コウ
コウ
今使ってるのはこのモデルですが、もう3年ほど前から使ってます。

↑画像をタップすると、価格を確認できます。

 

定番モデルの軽量化!V LIGHTS(ブイ ライト)

V LIGHTSは、定番モデルのALL POLISHEDを軽量化したモデルです。

コウ
コウ
写真は、日本を代表するトップスケーターの堀米雄斗モデル。

サイズ別重量

高さ 重量
5.0 HI(ハイ) 331g
LO(ロー) 323g
5.25 HI(ハイ) 339g
LO(ロー) 336g
コウ
コウ
さっきのALL POLISHEDから10gほど軽くなってます。

特徴

  • キングピンを中空化して軽量化
  • 薄型アルミベースプレートにして軽量化

コウ
コウ
最小限の軽量化なので、価格はそこまで高価ではないかと。

 

↑画像をタップすると、価格を確認できます。

 

さらに軽量化!V HOLLOW LIGHTS(ブイ ホロー ライト)

V HOLLOW LIGHTSは、V LIGHTSをさらに軽量化したモデルです。

コウ
コウ
定番モデルから、2段階の軽量化。

サイズ別重量

高さ 重量
5.0 HI(ハイ) 320g
LO(ロー) 317g
5.25 HI(ハイ) 326g
LO(ロー) 318g
コウ
コウ
定番モデルから20gも軽量化されてます。

特徴

  • キングピンを中空化して軽量化
  • 薄型アルミベースプレートにして軽量化
  • シャフトを中空化し軽量化

コウ
コウ
僕は使ったことは無いんですが、20gも軽いと軽さを実感できそうです。

↑画像をタップすると、価格を確認できます。

 

ベンチャー最軽量!V TITANIUM(ブイ チタニウム)

V TITANIUMは、ベンチャーの中で最軽量のモデルです。

コウ
コウ
ベースプレートがこのモデルだけゴールドになるのが、個人的になんか好き。

サイズ別重量

高さ 重量
5.0 HI(ハイ) 298g
LO(ロー) 300g
5.25 HI(ハイ) 305g
LO(ロー) 305g
コウ
コウ
定番モデルから50gも軽量化…。すごっ!

特徴

  • キングピンを中空化して軽量化
  • 薄型アルミベースプレートにして軽量化
  • シャフトをチタンに変えて軽量化

コウ
コウ
丈夫で軽い理想的なトラック。その分、価格もそこそこするので、僕は手が出ません。

 

↑画像をタップで、価格を確認できます。

 

初心者におすすめなベンチャーのトラックは…!?

初心者にトラックの軽さは必要か?

どのトラックもそうですが、上位モデルになるほど軽さを追求しています。

 

トラックが軽くなると、

  • 高くオーリーできる
  • オーリーしても疲れにくい

という2つのメリットがあるからです。

 

僕は、スケボーはたくさん練習しないと上手くならないと思ってます。

 

なので、オーリーを練習してるのであれば、トラックは軽ければ軽い方がいいと思ってます。

コウ
コウ
軽い方が疲れにくいので、たくさん練習できるからです。

VENTUREのおすすめなモデルの選び方

トラックは軽ければ軽いほどいいんですが、価格は上がります。

 

なので、そこらへんも踏まえて、

  1. 一番軽いモデルの価格を確認する
  2. 予算オーバーなら、次に軽いモデルの価格を確認する
  3. これを繰り返して、妥協点を探す

という選び方がいいんじゃないかと思ってます。

 

まとめ

今回は、VENTURE(ベンチャー)のトラックについて記事を書いてみました。

 

改めてまとめると…

  • VENTUREトラック全モデルを記事の前半で比較
  • オーリー練習中は、軽いトラックの方がいい
  • VENTUREトラックの選び方を記事の後半で解説

 

 

もしトラック選びで迷ってるようでしたら、今回の記事を参考にしてみてください。

 

ではでは、今日はこのへんで。

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*