【最新】アジア競技大会のスケートボード種目の結果速報!日本人選手の表彰台は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャカルタとインドネシアで開催されているアジア競技大会。

東京オリンピックの前哨戦として各種目で、結果が注目されてます!

 

 

そんな中、8月28日(火)〜29日(水)において、スケートボードも大会が開催されました!

 

気になる結果ですが、このあと記事の中で、種目別にまとめました。

 

また、日本人選手の結果についても、記事の後半でお伝えしますので、ぜひ最後までチェックしてみてください!

 

 

スケートボードのオリンピック代表の選考方法について知りたい方は、次の記事がおすすめ!

スポンサーリンク

 

【種目別】アジア競技大会スケートボードの結果速報!

アジア競技大会は、東京オリンピックと同じく次の種目が開催されています。

  • パーク女子
  • パーク男子
  • ストリート女子
  • ストリート男子

気になる種目別の結果はこちら!

 

 

28日(火)予選

 

◯パーク男子

選手名 国籍 点数
1st KENSUKE SASAOKA 日本 83.66
2nd JASON DENNIS LISNZAAT インドネシア 73.00
3rd PEVI PERMANA PUTRA インドネシア 66.66

 

◯ストリート男子

選手名 国籍 点数
1st SANGGOE DARMA TANJUNG インドネシア 31.3
2nd KEYAKI IKE 日本 28.3
3rd OAT ATHIWAT タイ 26.9

 

 

パーク女子、ストリート女子については、参加者が少なかったため、予選は開催されなかったようです。

 

 

29日(水)決勝

 

◯パーク女子

選手名 国籍 点数
1st YOSOZUMI SAKURA 日本 66.66
2nd ISA KAYA 日本 58.33
3rd ZHANG XIN 中国 44.00

 

◯パーク男子

選手名 国籍 点数
1st SASAOKA KENSUKE 日本 76.00
2nd DENNIS LISNZAAT JASON インドネシア 68.33
3rd PERMANA PUTRA PEVI インドネシア 67.00

 

 

◯ストリート女子

選手名 国籍 点数
1st DIDAL MARGIELYN フィリピン 30.4
2nd ISA KAYA 日本 25.0
3rd NYIMAS BUNGA インドネシア 19.8

 

◯ストリート男子

選手名 国籍 点数
1st IKE KEYAKI 日本 31.1
2nd DARMA TANJUNG SANGGOE インドネシア 30.5
3rd EUN JUWON 韓国 25.4

 

パーク女子の決勝ハイライト。

 

 

スポンサーリンク

 

メダル5個獲得!大健闘の日本人選手の結果まとめ

日本人選手ですが、日本選手権の優勝者が、各競技1名ずつ出場しています。

 

前半の結果速報のとおり、日本人選手は大健闘!

メダルを5個も獲得しています。

 

選手別に結果をまとめました。

 

 

◯四十住 さくら選手

参照元:https://en.asiangames2018.id/athletes/athlete/YOSOZUMI-Sakura-3006758/

 

種目:パーク女子

点数 順位
予選
決勝 66.66 1位

 

 

◯笹岡 健介選手

参照元:https://en.asiangames2018.id/athletes/athlete/SASAOKA-Kensuke-3006717/

 

種目:パーク男子

点数 順位
予選 83.66 1位
決勝 76.00 1位

 

種目:ストリート男子

点数 順位
予選 19.9 10位
決勝 未出場 未出場

 

 

◯伊佐 風椰選手

参照元:https://en.asiangames2018.id/athletes/athlete/ISA-Kaya-3006674/

 

種目:パーク女子

点数 順位
予選
決勝 58.33 2位

 

種目:ストリート女子

点数 順位
予選
決勝 25.00 2位

 

 

◯池 慧野巨選手

参照元:https://en.asiangames2018.id/athletes/athlete/IKE-Keyaki-3006666/

 

種目:ストリート男子

点数 順位
予選 28.3 2位
決勝 31.1 1位

 

なんと出場した全選手がメダル獲得という大快挙!

日本は、アジアでは敵無しのスケート大国だったんですね。笑

 

 

まとめ

アジア大会2018でのスケートボードの結果について、記事を書きました。

 

改めてまとめると、

  • パーク女子は、四十住さくら(日本)が優勝。
  • パーク男子は、笹岡健介(日本)が優勝。
  • ストリート男子は、池慧野巨(日本)が優勝。
  • 日本勢は、合計5つのメダルを獲得!

 

優勝スコアを見ても、他の選手を圧倒しており、日本勢のレベルの高さがうかがえます!

 

東京オリンピックも、この調子で日本勢の活躍を期待したいですね!

 

 

ではでは、今日はこのへんで。

 

 

スケートボードのオリンピック代表の選考方法について知りたい方は、次の記事がおすすめ!

 

 

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。