スケボーのボックスの作り方を徹底解説!自作した設計図なども公開!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、人見知りスケーターのコウです。

 

スケボーをやってると、パークなどによく置いてあるカーブボックス(通称:ボックス)が欲しいなと思うことってないですか?

 

コウ
コウ
特に僕は人見知りなので、パークとか大勢のスケーターがいる場所だと、周りが気になって落ち着いて練習できないタイプなので、自分だけの練習用ボックスがあったらいいな、とずっと思ってました。

 

ただボックスってなかなか売ってないので、今回、自分でつくってみました。

 

1日あれば作れたので、その時の設計図作り方を今回、記事にしてみました。

 

自分用のボックスが欲しいと思ってた方は、ぜひ最後までチェックしてみてください!

 

スケボーのボックスの設計図と材料を解説!

ボックスの作り方ですが、まずは準備として

  • ボックスの設計図
  • 予算と材料

について解説していきます。

 

どんな構造がいいの?ボックスの設計図を紹介

ボックスなので、人が上に乗れる強度じゃないといけないですよね。

 

今回、下のような設計図で作ったんですが、乗っても全然大丈夫でした!

設計図

拡大したい場合は、画像をタップしてください。

 

サイズとしては…

  • 高さ 約30cm
  • 幅  約45cm
  • 長さ 約182cm

にしました。

ホームセンターなどに売っている材料の元々の長さに合わせたので、無駄なく使うことができますよ。

 

気になる予算は?使用する材料を紹介

ボックス製作に必要な材料は…

  • 2×4材(木材) 長さ182cm ×6本
  • コンパネ(厚さ12mm) 182cm×91cm ×1枚
  • L型アングル(3cm×3cm) 182cm ×1本
  • ビス(長さ45mm) ×約60本

です。

 

一般的なホームセンターでこれらを購入すると、だいたい7,000円くらい かなと。

 

ホームセンターが近くにない場合は、オカモク楽天市場店というお店で通販することもできますよ。

あとは、ビスを木材に打ち込むのに、下の画像のような電動ドリルドライバーが必要となります。

画像をタップすると分かりますが、買うとそこそこします。

 

今後、使うことがないようであれば、ホームセンターでレンタルできるので、そっちを利用した方がオススメかと。

 

 

1〜2日でできる!スケボーのボックス作り方

材料や工具が準備できたら、いよいよボックスを作っていきます。

 

手順としては…

  1. 材料のカット
  2. 周りの枠を作る
  3. 枠に柱と天板を付ける
  4. コーピングを設置する
  5. 下枠を取り付ける

という5ステップとなります。

 

1つずつ組立図を見ながら、解説していきますね。

 

ステップ1:材料をカットする

まずは、準備した2×4材を次のようにカットします。

  • 37.9cm ×6本
  • 30cm ×4本
  • 182cm ×4本(カットなし)

2×4材(182cm)1本から、37.9cm×3本30cm×2本を取るようにカットすれば効率よく使えます。

 

次に、コンパネを半分にカットします。

  • 182cm×45.5cm ×1枚

 

材料のカットですが、自分でノコギリで切ると、まっすぐ切れず寸法がズレるので、あまりオススメできません。

 

下の画像のような電動丸ノコがあればまっすぐ切れますが、一般の家庭にはなかなか無いと思います。

 

なので、オススメの方法としては、木材を購入したホームセンターでカットしてもらうのがいいかと。

 

1カット50円ほどかかりますが、電動工具を買うより安くあがるし、危険もないですよ。

 

ちなみに、先ほど紹介したオカモク楽天市場店だとカット無料らしいです。

通販で木材を購入する場合は、一緒にカットもお願いした方がよさそうですね。

 

ステップ2:周りの枠を作る

次に、図のようにボックスの骨格となるを作ります。

ステップ2

矢印のように縦に2つずつビス止めしていくと、しっかり固定できますよ。

 

ステップ3:枠に柱と天板を付ける

次に、枠の1つに図のように柱を取り付けていきます。

ステップ3

矢印のように斜めにビスを打つと、しっかり固定できます。

 

次に、コンパネを枠に取り付けて天板を作ります。

ステップ3(天板取り付け)

 

ステップ4:コーピングを設置する

L型アングルに下の図のように穴を開けます。

ステップ4(穴あけ)

穴の位置は適当ですが、だいたい等間隔になるようにします。

 

ここで注意したいのが、このまま固定するとビスの頭が飛び出て、スケボーが引っかかって危ないです。

 

アングルに穴を開けた後は、下の画像にような面取りドリルを使って、皿穴加工しましょう。

 

皿穴加工

 

皿穴加工ができたら、そのままビスで本体に取り付けます。

ステップ4

 

ステップ5:下枠を取り付ける

次に、残った枠を固定していきます。

ステップ5(下枠取り付け)

ステップ3と同様に、斜めにビス止めします。

 

最後に、キャスターを付けて、簡単に移動できるようにしておきます。

ステップ5(キャスター取り付け)

コウ
コウ
キャスターがあれば、移動して片付けられるので、ボックスを出しっ放しにできない場所でも練習できますよ。

これで完成です!

 

まとめ

今回は、スケボーのボックスの作り方を紹介しました。

 

改めてまとめると…

  • 必要な材料を記事の前半で紹介
  • 予算としては、7,000円ほど。
  • 作り方(5ステップ)を記事の後半で紹介

 

1〜2日あれば完成すると思うので、休日などに一度、作ってみてはいかがでしょうか。

 

ボックスは基本、パークにしか置いてないと思うので、練習しようと思うとパークまで足を運ばないといけません。

 

近くにパークがあればいいんですが、家の近くにパークなんか無いのでなかなか練習できないですよね…。

 

コウ
コウ
あと僕は人見知りなので、パークに行って初対面のスケーターに混じって練習というのが、なかなかできなかったりします…。

 

そんな時に、家やいつも滑る場所にボックスがあれば、パークに行く時間がない時でも練習できるし、オススメです!

 

もし、作り方でわからないことがあれば、気軽にコメントくださいね!

 

 

ではでは、今日はこのへんで。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。