スケボーのオーリーができるまでの期間はどのくらい?1日の練習量の目安はあるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、アラフォースケーターのコウです。

上手くはないけど、スケボーが好きでかれこれ10年近くスケボーしてます。

 

オーリーって最初の頃は、いくら練習してもできるようになりませんよね…?

 

このまま一生できないんじゃないか…と、途方に暮れることも多いと思います。

 

コウ
コウ
僕は、なんかゴールの見えないマラソンを一人で延々と走ってる感じがしてました…。

 

オーリーできずに、スケボーを途中でやめちゃう人も多いと思います。

(僕はオーリーできずに、過去に2回スケボーをやめました。)

 

ということで、今回はオーリーができるまでの期間についてをまとめつつ、

  • 1日のオーリーの練習量の目安
  • 僕がやっていた練習内容
  • オーリーの効率的に練習方法

などを紹介しようと思います。

 

気になる方は、最後までチェックしてみてください!

 

 

オーリーの具体的な練習法が気になる方は、こちらの記事もおすすめ!

 

 

 

オーリーができるまでの期間は約◯ヶ月!

オーリーはかなり奥が深いトリックだと言われていて、未だに極めたスケーターはいないという都市伝説があるくらいです。

 

なので、極めるには相当の期間が必要だと思います。

 

ただし、デッキを浮かせるくらいであれば、僕の経験上ですがだいたい1〜3ヶ月くらい練習すればできると思います。

 

その後、さらに高いモノ(組みコーン)を飛べるようになると、オーリーできるって自分で実感できるんじゃないかと。

(個人的な見解です。)

 

組みコーン

 

そのレベルになるまでには、人それぞれですが6ヶ月〜1年くらいなのかなぁと。

 

コウ
コウ
ちなみに僕は、途中でやめてるので2年くらいかかりました…。

 

僕がオーリーができるまでの経過

年月 オーリー習熟度
0〜3ヶ月 デッキが浮かず、何も飛び越えられない。
3〜4ヶ月 心が折れて挫折。(1回目)
4〜5ヶ月 小枝ほどの小さな障害物は飛べる。
5〜7ヶ月 ペットボトル(約20cm)メイク率30%くらい。
7〜10ヶ月 それ以上上手くならずに挫折。(2回目)
10〜1年 ペットボトル(約20cm)は飛べる。
1年〜1年半 組みコーン(約50cm)メイク率50%くらい。
1年半〜2年 組みコーン(約50cm)飛べる。

※メイク率:技が成功(メイク)した確率

 

僕は不器用だし、途中でやめたりしてるので、かなり時間がかかってますが、他の人に聞くとだいたい1年以内にできてる人が多いような気がします。

 

コウ
コウ
性格が人見知りな僕は、初対面のスケーターさんとの話すが苦手なので、オーリーっていつくらいにできました?と話題をふることが多いです。

 

やはり、1年くらい諦めず練習し続けることが大事ですね。

 

 

オーリーができるまでの練習量や練習内容を公開!

練習時間は人それぞれだと思いますが、僕は当時、だいたい1日に2時間くらいは滑ってたかなぁと。

 

コウ
コウ
僕は、社会人になってからスケボーを始めたので、仕事帰りに夜遅くまでやってるホームセンターの駐車場でコソコソ練習してた記憶があります。

 

当時は、奇跡的に一緒に練習する仲間(初対面)がいたので、スケボーが唯一の楽しみで、毎日のように練習してましたね。

(仲間の子は途中でやめてしまいました…。)

 

ちなみに、当時はこんな感じで練習してました。

  1. プッシュやショービットなどできる簡単な技をする
  2. 低いカラーコーンでオーリーの練習
  3. 組みコーンでオーリーの練習
  4. FS180など応用技にトライ(メイクはできない)

 

練習内容に正解はないと思いますが、最初はできる技で少し滑ってからオーリーの練習する方が、スケボーの感覚が戻っていいのかなと個人的には思います。

 

あとは、ペットボトルくらいの高さが飛べるようになったら、少し応用的な技も積極的にトライした方がいいと思います。

 

よく次の技はオーリーをマスターしてから…と解説されてたりしますが、違う技をやってるとひょんなことからオーリーのコツがわかることもあったので、個人的にはどんどん挑戦すればいいと思います。

 

まとめ

今回は、オーリーの練習期間などについて記事を書きました。

 

改めてまとめると、

  • オーリーで、組みコーンを飛ぶのに必要な期間は約6ヶ月〜1年
  • オーリーに必要な1日の練習量は、約1〜2時間
  • オーリーを上達させるコツを記事内にまとめました。

 

オーリーはゴールの見えないマラソンみたいと冒頭で例えましたが、コツコツと練習し続ければ必ずゴールできるようになります。

 

一番の失敗は、できないと思い込んで途中で諦めること!

 

とりあえず1年くらい頑張れば、それなりに飛べるようになってると思うので、今回の記事を参考に継続してみてください。

 

ではでは、今日はこの辺で。

 

 

オーリーの具体的な練習法が気になる方は、こちらの記事もおすすめ!

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。