Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/konoyubi/kosk8shine.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

子供用二輪スケボー(リップスティック)の正しい選び方を解説!種類ごとの違いを比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、公園などに行くと、子供たちが二輪のスケボーに乗って遊んでるのを見かけます。

 

そう、足を交互に漕いでクネクネ自走できるアレ。

 

小学生の間で、大流行していて、新たに始めようと思ってる方も多いと思います。

 

でも、この二輪スケボー、種類が多くてどれを選べばいいのかわかりにくいですよね。

 

ということで、今回は子供用の二輪スケボーの選び方を解説しつつ、

  • 各社の種類特徴
  • それぞれの価格
  • おすすめのボード

などをまとめましたので、ぜひ最後までご覧ください!

 

スポンサーリンク

 

リップスティックの正しい選び方と類似品との違い

現在、いろんなメーカーから販売されている二輪スケボーですが、総称するとリップスティックと呼ばれる代物らしいです。

 

そんなリップスティックですが、ネットなどを見ると非常にいろんな種類がありますよね。

中には正規品でない類似品もあり、正直、選ぶのに困りますよね。

 

そこで正しい選び方としては、次の3つです。

 

  • メーカー正規品である
  • ベアリングの規格がABEC5以上である
  • 替えの純正パーツが販売されている

 

特に3つ目の替えの純正パーツは大事です。

 

スケボーも同じなんですが、タイヤなどのパーツは必ず消耗したり壊れたりします。

 

その際に替えのパーツが手に入らないと、また新品を買わないといけない訳です。

その他のパーツは使えるのに、新品を買うのはもったいないですよね。

 

正規品の場合は、替えの純正パーツが用意されているので、類似品を見分ける一つのポイントにもなりますね。

 

 

ベアリングの規格なども、類似品は回転数が少ないABEC3が使われていたり、規格がない商品もあります。

 

特に子供の場合は、ベアリングの回転数が少ないと、力がうまく伝わらず、なかなか前に進まない場合もあります。

 

もし、なかなか上達しない…と悩んでる方は、ベアリングの規格が低すぎるのかもしれませんね。

 

 

とういうことで、リップスティックを選ぶ際は、ベアリング替えパーツについてもしっかり確認して、正規品と類似品を見極めましょうね!

 

スポンサーリンク

 

おすすめのリップスティック種類と比較まとめ

記事の後半では、リップスティックのおすすめの種類を紹介します。

 

今回、紹介するのは下の4つです。

  • ブレイブボード
  • リップスティックDLX(デラックス)
  • エスボード
  • J(ジェイ)ボード

 

それぞれの特徴販売元価格などについて解説していきますね。

 

最後には、それぞれの性能を比較した一覧表もあるので、チェックしてみてください。

 

リップスティックの本家本元!ブレイブボード

リップスティック流行の火付け役となったのが、このブレイブボード

本家本元だけあって、作りがしっかりしているし、種類も豊富です。

 

アメリカで発祥したリップスティックですが、日本に輸入された際にブレイブボードと名前が変わったそうです。

 

つまり、ブレイブボード=リップスティック正規品ということになります。

 

◯販売元

ビタミンiファクトリー

 

ちなみに、リップスティックはアメリカのRozar(レイザー)社という会社が開発した製品です。

 

ビタミンiファクトリーは、Rozar社からリップスティックを輸入して、日本でブレイブボードとして販売している訳です。

 

◯特徴

  • リップスティック正規品
  • 本家本元で、構造がしっかりしている。
  • 純正パーツもあり、カスタマイズや修理ができる。
  • 上級モデル子供用モデルなど種類が豊富。

 

実はこのブレイブボード、公式ホームページでしか買えないので、詳しい価格を知りたい方は、公式ホームページをチェックしてみてください。

ブレイブボード公式ホームページ

 

あのトイザらスでも取り扱い!リップスティックDLX

先ほどのブレイブボードと同じリップスティック正規品ですが、販売元が異なるため名称も変わっています。

 

構造はブレイブボードと同じですが、オリジナルのカラーバリエーションが豊富です。

 

◯販売元

ラングスジャパン

 

ラングスジャパンも、ブレイブボードと同じようにリップスティックをRozar社から輸入して、日本で販売している形になります。

 

日本でリップスティック正規品を取り扱っているのは、先ほどのビタミンiファクトリーと、このラングスジャパンの2社のみです。

 

ちなみに、ラングスジャパンの商品は、トイザらスで取り扱っています。

つまり、トイザらスで売っているリップスティックは、正規品ということになります。

 

◯特徴

  • リップスティック正規品
  • ベアリングが高性能で、滑りがいい。
  • 純正パーツの販売があり、壊れても取り替えできる。
  • サイズが小さい子供用モデルもある。

 

画像をタップすると、価格カラーバリエーションを確認できます。

 

ちなみに、子供用のミニモデルはこちら。

画像をタップするとわかりますが、価格が安くカラーバリエーションも豊富なのが特徴です。

人気のカラーはすでに売り切れてるので、気になる方はお早めに!

 

 

リップスティック類似品の代表格!エスボード

ネットで検索すると必ず出てくる、低価格のリップスティック類似品がこのエスボード。

 

楽天などのレビューを見ると、類似品だからと言って粗悪なものではないみたいです。

 

◯販売元

決まった販売元は無し。(アマゾンや楽天で買えます。)

 

ちなみに、メイドイン韓国だそうです。

 

◯特徴

  • 見た目はリップスティック正規品と変わらず。
  • 光るタイヤなどデザインバリエーションが豊富。
  • 子供用モデルもあり。
  • 正規品ではないため、価格が安い。

 

気になる価格と性能ですよね。

次の画像をタップすると価格実際の感想を見ることができますよ。

 

コストを抑えたいならおすすめです。

 

キックボード老舗メーカー発!J(ジェイ)ボード

キックボードで有名なJDROZAR社から販売されているのが、このJ(ジェイ)ボード。

 

リップスティックとは、少し違った形をしていますが、基本的な乗り方は同じです。

 

◯販売元

JDROZAR(ジェイディーレイザー)

 

◯特徴

  • 独自で設計された構造。
  • コストを抑えた廉価モデルあり。
  • サイズが小さい子供用モデルあり。
  • 技(トリック)はやりにくい。

 

画像をタップすると、独自の構造価格をチェックできます。

 

コストを抑えた廉価モデルはPIAOO(ピャオ)というモデルみたいです。

価格はこちらの画像をタップ!

 

 

いろんなリップスティックを紹介しましたが、表にまとめると次のようになります。

ブレイブボード リップスティックDLX  エスボード Jボード
性能 ×
種類
価格  ◯
販売元 ビタミンiファクトリー  ラングズジャパン  不明 ジェイディーレイザー
取扱ショップ  公式ホームページのみ  楽天市場やトイザらスなど 楽天市場など 楽天市場など
その他 リップスティック正規品 リップスティック正規品

 

選ぶ基準は人それぞれだと思うので、上の表を参考に比較してみてください。

 

 

ただ、スケーターの僕がおすすめするのは、やはり本家本元のブレイブボードです。

 

スケボーもそうですが、類似品は価格が安い分、細かいパーツが粗悪だったり、作りが粗かったりします。

最初はいいんですが、しばらく使ってるとガタが来くるので、危険です。

 

やはり買うなら、正規品です。

 

 

また、ブレイブボードには純正の替えパーツも用意されています。

 

修理やカスタマイズが簡単できるので、僕なら確実にブレイブボードを選択しますね!

 

【追記】

ブレイブボードは現在、ほとんど売り切れてる状態で入手が困難です。

 

そこで、おすすめなのがリップスティックDLX(デラックス)を購入することです。

 

リップスティックDLXは、ブレイブボードと同じくリップスティック正規品なので、構造も全く同じです。

かつ、トイザらスや楽天など幅広く販売されているので、今なら入手しやすいですよ。

 

ただ、こちらもブレイブボードと同じくいつ売り切れ状態になるか分からないので、気になる方は早めのチェックをおすすめします!

 

画像をタップすると、リップスティックDLXの最安(楽天)や実際の感想をチェックすることができます。

 

 

まとめ

今回は、子供用の二輪スケボー(リップスティック)の選び方ということで、記事を書きました。

 

改めてまとめると、

  • 二輪スケボーは通称リップスティックと呼ばれる。
  • 替えの純正パーツも販売されている種類を選ぶとよい。
  • その他、リップスティックの選び方のポイントを記事内で紹介。
  • リップスティックのおすすめ4種類記事内で紹介。

 

この記事を読まれてる方は、子供にリップスティックを検討してる方が多いと思います。

今回の記事が、少しでも購入の参考になれば嬉しいです。

 

では、今日はこの辺で。

 

 

 

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。