【動画あり】スケボーのオーリーの前足の動かし方は?コツは擦り上げのスピード!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スケーターにとって絶対、マスターしたいトリックと言えば…オーリーですよね!

 

シンプルなトリックですが、奥が深く、すべての基本となる技です。

 

ところが、いざオーリーの挑戦してみると、全くできない…。

デッキと足がくっついてない状態で、空中に浮くなんて物理的にかなり難しいですよね。

 

実は、オーリーで空中に浮くためのポイントは、ずばり…前足の動かし方です。

 

前足さえ正しく動かせると、今までがウソのように、簡単にデッキが浮きますよ!

 

今回の記事で、オーリーでの前足の動かし方コツ動画などで解説していきます。

 

オーリーの壁を乗り越えることができれば、初心者卒業ですので、ぜひ最後までチェックしてみてください!

 

スポンサーリンク

 

【3ステップ】スケボーのオーリーの前足の動かし方!

オーリーでの前足の動かし方ですが、手順として次の3ステップです。

  1. 前足を寝かして、甲の外側をデッキに当てる。
  2. その状態で前足を擦り上げ、ノーズの端まで持っていく。
  3. 前足を突き出し、前方にデッキを押す。

 

それぞれのポイントを解説します。

 

◯動作1

前足を寝かす際は、加減せず思いっきり寝かすように意識しましょう

 

寝かせが弱いと、デッキが足に食いついてくれません。

 

前足をしっかり寝かせて、デッキと足の接触面積をなるべく増やすイメージですね。

 

ちなみに、この寝かせた足をオーリー足と呼んだりします。

 

デッキに乗った状態でうまくできない人は、スケートトレーナーを使うと、練習しやすいですよ。

 

スケートトレーナーの使い方は、画像をタップすると動画で観れます。

 

 

◯動作2

前足は、ノーズの反り返ってる部分に引っ掛けるイメージです。

 

前足をノーズの反り返りに引っ掛けて、上に上げることで、初めてデッキが宙に浮くので、しっかり端まで前足を持ってくることを意識してください。

 

逆に、端が反っていないノーズ無しのデッキでは、前足を引っ掛けることができないので、オーリーできない…という話になります。

 

(実際は、デッキテープのおかげで多少は足とデッキがくっつくので、浮きますが…)

 

 

◯動作3

よくあるオーリーのやり方で、前足は「飛び蹴りをするように」とか「ライダーキックをするイメージで」とかって言われます。

 

実は、最初はそこまでしなくて大丈夫です。笑

 

チョンと前に少し送ってやるだけでデッキは宙に浮くし、地面にも平行になります。

 

初心者のうちは、デッキを浮かせることに集中すればいいので、極端に前足を突き出すイメージは持たなくて大丈夫です。

 

 

言葉で説明するとこんな感じですが、イメージするのが難しいかもしれないので、前足の動かし方の動画を撮ってみました。

 

スローも交えてるので、先ほどの3ステップを意識して、前足の動きをチェックしてみてください。

前→横→乗った状態の3視点から撮ったので、参考にしてください!

 

オーリー成功のコツは前足の擦り上げのスピード!

オーリーの前足の使い方のコツですが、ずばり擦り上げのスピードです!

 

先ほどの3ステップでいくと、2番目の動作のスピードということですね。

 

初心者の方で、よくありがちな失敗例が、擦り上げのスピードが遅いということです。

なんなら、擦り上げてない人もいるくらい。

 

擦り上げのスピードが遅いと、デッキが上に上がらないので、オーリーで浮くことができない訳です。

 

では、どんな風に前足を擦り上げるのがベストなのか?

 

前足を寝かしたら、なるべく早く上まで持っていきましょう。

3ステップの1番目と2番目の動作間は、ほとんど間を開けないようなイメージと分かりやすいかと。

 

これは、僕のオーリーの動画ですが、前足の擦り上げの部分をスローにしてみました。

 

一度、擦り上げのスピードをチェックしてみてください。

 

まとめ

今回は、スケボーのオーリーの前足の動かし方いついて記事を書きました。

 

改めてまとめると、

  • オーリーの前足の動かし方は3ステップ。詳細は、記事内にまとめてあります。
  • 前足の動かし方のイメージがつきにくい場合は、オーリートレーナーを使用するとよい。
  • 前足を寝かしてから、素早く擦り上げるのが、オーリー成功のコツ。

 

オーリーでの前足の動かし方は、なかなか習得するのに苦労するかもしれません。

しかし、一回できてしまうと後は無意識に動かせるようになります。

 

ぜひ、今回の記事を参考にオーリーの練習を頑張ってみてください!

 

 

ではでは、今日はこの辺で。

アディオス!

 

 

 

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。