【スケボー】チックタックは最初にマスターすべし!乗り方を3ステップで解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボードを手に入れたら、一番最初にマスターすべき技は何だろう?

スケボーを始めたばかりの人であれば、一度は抱く疑問だと思います。

 

その問いに正解はないのですが、僕は間違いなくチックタックと答えます。

 

よくハウツー本なんかにも最初の方に掲載されている単純なトリックです。

 

ただ実際に挑戦してみると…意外と上手くできなかったりします。

また、スケボーを続けていく上では、非常に重要なトリックでもあります。

 

ということで、今回の記事ではチックタックの乗り方を解説しつつ…

  • 技の使いどころ
  • 練習する上でのポイント

などについて、記事を書こうと思います。

 

スケボーを手にしたばかりの方や、チックタックで苦戦している方は、ぜひ最後までチェックしてみてください!

 

その他の技についても知りたい方は、こちらの記事もオススメ!

 

 

スポンサーリンク

 

チックタックはスケボー初心者におすすめの技!使いどころは◯◯

チックタックという技ですが…
ボードの先端を左右に振って、デッキから足を下ろさず前に進むという技です。

 

チックタックの使いどころ

チックタックはよく初心者の技として紹介されますが、上級者でも普通に使います。

 

これは僕がよく見てるスケボー系ユーチュバーの人が、スケートゲーム(お互いの技を繰り出して先に5回ミスった方が負けという遊び)をやってる動画です。

 

彼らはかなり上級者ですが、動画の1:50あたりでチックタックをしています。

 

動画を見ると気付くかもしれませんがチックタックは…
技の着地などがつまった時のリカバリー
としてよく使われます。

 

単体の技として繰り出すというより、どちらかというと無意識にやってる感じですね。

 

チックタックを初心者のうちにマスターした方がいい理由

僕は、チックタックは初心者のうちからマスターしておいた方がいいと思ってます。

 

その理由ですが、
今後の技の成功率(メイク率)が上がる
というのあるかなぁと。

 

もう少し、詳しく解説しますね。

 

さっき書いたように、チックタックは技の着地がつまった時のリカバリーに使えます。

 

今後、たくさんスケボーの技に挑戦していく中で、着地が決まらないことは多々あると思います。

特に練習したての頃は、なかなか着地まで完璧にメイクするのは難しいです。

 

そんな時、無意識にチックタックでリカバリーできると、半ば強引にメイクまで持っていくことができるので便利ですよ。

 

今のうちからチックタックをマスターしておけば、憧れの技をメイクするのも早まるかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

簡単3ステップ!チックタックの乗り方や練習方法を解説!

チックタックの乗り方を簡単に解説すると…

  1. ボードのテール(後ろ側の先端)に後ろ足が乗るようスタンスを取る
  2. 上半身を開く(左右どっちでも可)
  3. ノーズを浮かし、上半身を開いた方向に振る

あとは2.→3.を逆方向に行い、繰り返すという感じ。

 

練習のポイントとしては…

  • 上半身を使わず、下半身だけでボードを振っても進まない
  • 最初は少しでもいいので、しっかり上半身を開く

ということを意識すると、上手くいくかなぁと。

 

 

こちらのハウツー動画が、やり方など詳しく説明してておすすめですよ。

 

まとめ

今回は、スケボーのチックタックの乗り方について記事を書きました。

 

改めてまとめると…

  • チックタックは技のリカバリーに使える
  • 今後の技のメイク率が上がるので、初心者のうちにマスターしておくといい
  • チックタックの乗り方のポイントは上半身

 

チックタックは最初、なかなか前に進ませるのが難しいと思いますが、一度感覚をつかめばどんどん上達します。

 

少しでもこの記事が、練習の参考になれば嬉しいです。

ではでは。

 

その他の技についても知りたい方は、こちらの記事もオススメ!

 

 

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。